10万人を熱狂させた”ユヅ・スマイル”がこれっ!

目撃!ハリコミ24

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

仙台 13時30分

最高気温29度の中、パレードカーの上で、沿道のファンに笑顔で手を振る羽生

4月下旬の午後1時半。仙台駅近くの大通りに女性たちの絶叫が響いた。平昌オリンピックで五輪2連覇を果たした羽生結弦(ゆづる)選手(23)の故郷での凱旋パレードが行われていたのだ。

「集まったファンは、仙台市の人口の1割にあたる10万8000人。羽生選手は、沿道にびっしり並んだファンに向けて、フリープログラムの『SEIMEI』の決めポーズや、投げキッスをしたり、大きな声で『ありがとう』と叫ぶなど、笑顔で歓声に応えていました。そのたびに、『キャーッ』と悲鳴のような声が上がり、ものすごい熱気でしたね。羽生は今回、宮城県と仙台市に500万円ずつを寄付しています。震災からの復興途上にある故郷への強い愛が感じられました」(スポーツ紙記者)

ケガの治療に専念するため、3月に行われた世界選手権は欠場したが、すでに練習は再開している。少し気が早いけれど、世界中のファンが前人未踏の五輪3連覇を期待していることだろう。

関連記事

《ニュースの現場 FRIDAY 目撃!ハリコミ24》

羽生結弦

沢尻エリカ

田中麗奈

フジ 松村未央アナ&田中みな実

内田恭子

山本美月

イモトアヤコ

 

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事