写真流出 滝沢の激怒でわかった新ジャニーズのスキャンダル対策

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ジャニーズJr.のスキャンダルに対しては、厳しい姿勢で臨むことを決めた滝沢秀明氏

 

タッキーがブチ切れた。

ジャニーズ事務所は10日、公式サイトでジャニーズ期待の5人組グループ「HiHi Jets」(ハイハイジェッツ)の橋本涼と作間龍斗を年内謹慎処分にしたことを公表した。

原因は9月初旬、ネット上に突如アップされたプライベート写真。作間は寝顔、橋本は女性ファンとのベッド写真が流出した。

「複数のジュニアと接点があり、“いわくつき”と評判だったA子の撮った写真が流出した。A子は黙っていればいいのに、インスタライブで流出の経緯を生配信したのだから、作間も橋本も事実を認めるしかなかった」(スポーツ紙記者)

これに激怒したのが、ジャニー喜多川氏(享年87)亡きあと、ジュニアの育成を一手に担う滝沢秀明氏だった。「HiHi Jets」はCDデビューこそしていないが、今夏の「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の応援サポーターに就任するなど、ジャニーズの次世代を担うグループとして売り出し中だったからだ。

「来年以降のCDデビューが決まっていたそうですが、これで白紙になりました。タッキーが一番嫌うのはファンに手を出すこと。ファンに対しては均等に接するべきという考えがあるからです。おまけに動画まで配信され、肉体関係の有無まで暴露された2人はきつくお灸を据えられたそうです」(芸能プロ関係者)

橋本涼とA子さんとの「ベッド写真」がネット上に流出した

今回の件で、ジャニーズ事務所にも変化が感じられた。これまでならスルーしていてもおかしくないスキャンダルも素通りせず、事実関係を調査し、「クロ」であった場合は速やかに公式サイトなどで公表する手法だ。

今回も公式サイトでは「タレントとしての自覚の欠如を示すものであり、ジャニーズJr.としてふさわしくない姿勢、行動であると判断いたしました」と明記され、自粛期間中は「社会貢献活動や弊社と設定しました課題に取り組むことといたします」とした。

「今まで、事務所がタレントを守り過ぎていた部分がある。出版社に幹部が乗り込んでスキャンダルをもみ消したり、テレビに『その件は報じるな』と指示を出したり…。結果、所属タレントの一部は増長し『何をやっても大丈夫』と勘違いする者も出てきた。最たる例が“NEWS”の手越祐也で、マスコミにゴシップが出ると、事務所幹部に『なんで止められないんだよ』とブツクサ文句を言う。ジュニアの中にも風紀の乱れが出始めており、タッキーは橋本と作間を厳しく処分することで、組織の引き締めを図った部分はあるだろう」(テレビ局関係者)

作間龍斗の写真も流出。A子の自宅で撮られたものと思われる

一方で気になるのは、ジャニーズ帝国を守り、繁栄させていこうとするタッキーのモチベーションと、一部のジュニアとの温度差だ。前出の芸能プロ関係者によると、

「タッキーはジャニーさんから英才教育を受け、ショービジネスの全てを学んだ。彼の頭の中は、ジャニーさんから託された『ジャニーズ』というエンターテイメントの世界進出しかない。稽古は厳しく、ジュニアにはプライベートでもアイドルらしいふるまいを求める。そうした“縛り”を息苦しく思うジュニアがいることは事実」

という。今回“やらかした”橋本も以前からファンの間で夜遊びが指摘されていた。前出のスポーツ紙記者は次のように話す。

「女性絡みのネタは今回が初めてではない。別のファンに手を出していたという疑惑もある。真面目だった作間に“女遊び”を教えたのも橋本と言われており、最近はファン離れが加速していた。『グループのためにも脱退して欲しい』という声が聞かれるのも、そのためです」

タッキーの“スパルタ指導”はジャニーズに変革をもたらすか、それとも……。

  • PHOTO西圭介

Photo Gallary3

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事