先輩を射殺した19歳巡査 犯行直前パトロール中の姿

滋賀・彦根発 上司の指導に対していかにも不満そう

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

犯行があった4月11日、彦根市の路上で取り締まりをするO容疑者。何度も先輩から注意を受けていた

「4月11日の午前11時頃、(滋賀県彦根市)高宮町のあたりを車で走っていたんです。うっかりシートベルトをするのを忘れて、交通取り締まりをやっていた警察の人たちに止められてしまった。運転席の横に若い警察官がやって来て、『これから手続きを始めさせてもらいます』と、話しかけられました。その後、切られた違反切符を見たら、担当警察官のところにO容疑者の名前が書いてあったんです」(運転していたドライバー)

4月12日、滋賀県警は同県警の巡査・O容疑者(19)を殺人の疑いで逮捕した。11日の午後7時50分頃、彦根市の交番で勤務中だったO容疑者は、同僚の巡査部長・井本光(あきら)さん(41)を背後から射殺。井本さんはO容疑者の教育係で、この日は朝8時半から、一緒に勤務をしていた。その後、O容疑者は拳銃を持ったまま、6時間にわたって逃走劇を繰り広げた。取り調べに対し「(井本さんから)罵倒されたので、撃った」と供述している。本頁の画像は、まさに事件が起きた当日の彼のパトロール中の様子なのだ。前出・ドライバーが話す。

「O容疑者は書類の記入にかなり時間がかかり、近くにいた先輩警察官が何度も書き方などを指導していました。先輩から注意を受けて、O容疑者が不満そうな表情をしていたのを覚えています」

この時、一緒に取り締まりをしていたのは、被害者とは別の先輩警察官だったようだ。O容疑者は自分の職場に対し、大きな不満を募らせていたのだろうか。

本来、治安を守るべき警察官が同僚を射殺したばかりか、拳銃を所持したまま逃走した。市民生活への影響はあまりに甚大である。未成年ではあるが、本誌は容疑者の写真と実名を報道する。元兵庫県警刑事の飛松五男氏が話す。

「彼が職務質問をして、もし一般市民から強い言葉を投げかけられたら、その市民を撃っていたかもしれない。警察学校在籍中などにそういった彼の性格や資質を問題視しなかった県警の失態でしょう」

第二、第三のO容疑者が警察組織に潜んでいるとしたら――。日本社会は大きな岐路に立たされている。

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事