体操界のWエース!白井健三&村上茉愛「コンビニデート」を目撃!

体操W杯東京大会で共に優勝を決めたあと

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

体操ワールドカップ東京大会に出場した白井。国際大会で個人総合のタイトルを獲得するのは初めて

21時過ぎの東京、品川。ミニストップ前に停車した1台の車から、小柄な男女が降り、そのまま店内へ入る。注文したソフトクリームが出来上がるまでの間、楽しげに笑い合う二人。数分後、男性が二つのソフトクリームが入った袋を受け取ると、談笑を続けながら、そのまま車内へ。こうして二人は、束の間の「デート」を楽しんだのだった――。

このカップルは、日本体操界が誇るWエース、白井健三(21・日体大)と村上茉愛(まい)(21・同)だ。’13年1月に村上が「2人ずっと一緒♪」と書かれたツーショットのプリクラをSNSに投稿して以来、交際中とされていたが、いまでも二人は、少なくとも”以心伝心”の関係であるのは間違いないようだ。

このデートの日(4月14日)は、東京体育館で体操ワールドカップ東京大会が開催されていた。大会で二人は見事、日体大体操競技部でのアベック優勝。本誌が目撃したのは、その夜、コーチの車で寮まで送られていく間のワンシーンだった。前出の投稿以降、二人はその関係について表立って発言をしていないが、交際は順調……?

「日体大の体操競技部には、非常にキビしい規則があるんですよ。絶対厳守の門限は男子が23時、女子は22時。練習場所は同じですが、男女は別メニュー。恋愛禁止ではありませんでしたが、休みも男女で違うので、部内カップルができても、あまり話す時間はないのです……」(日体大体操競技部OG)

日々トレーニング漬けの彼らにとって、二人きりで過ごす時間はとても貴重。僅かな逢瀬を楽しみに、互いを支え合いながら世界を目指しているのだとしたら、実に素敵で微笑ましいカップルではないか。元体操日本代表の池谷幸雄氏が話す。

「白井選手はもともと床と跳馬のスペシャリスト。その2種目は間違いなく世界トップレベルでしたが、それ以外の4種目はまだまだでした。それが、昨年末から、得意種目以外も着実に世界で戦える実力をつけてきている。内村航平選手のような、オールラウンドに戦える”絶対王者”に近づきつつあります。

 一方の村上選手も、床のスペシャリスト。彼女は僕の体操教室出身ですが、小学校6年生くらいの時にはもう技のレベル、内容は大人と同じレベルだった。当時からメダルを取る人材だと思っていました。背は小さいですが、天性のバネに加え、H難度の『シリバス』など、非常に難易度の高い技を磨き続けている。これからさらに伸びる選手だと思います」

体操界が誇る「ビッグカップル」が、競技でも私生活でも、最高の状態で東京五輪を迎えられますように。

村上もまた、自身初となる国際大会での総合のタイトルを獲得。2位に2点近い差をつける圧勝となった

コンビニを出た後は、車に乗って寮へ。車内でソフトクリームを食べながら、憩いのひと時を過ごしたようだ

撮影:等々力純生(3枚目)

Photo Gallary3

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事