スクープ

モテ女・マギーが深夜の公園でイケメン男と5分間にも及ぶ熱い抱擁

ハイスタ・横山健、K-1王者・武尊に続く華麗なる男性遍歴。新たに彼女を射止めたのは?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
深夜3時過ぎ、ようやく公園から出てきたマギー(右)とA氏。この後、さらにトークは続き、もう一度ハグしてから解散となった

秋の気配が漂い始めた9月上旬のある夜――都内屈指の高級住宅街にある公園は、住民の憩いの場となっていた。

森林浴をする夫婦や、ベンチで風に吹かれながら街灯の明かりで読書を楽しむ婦人もいたのだが、静寂を切り裂く「キャハハハ!」という笑い声に眉を顰(ひそ)め、婦人は本を閉じて帰っていった。時刻は深夜0時を回っている。

目を凝(こ)らすと、暗闇の中で白いブラウス姿の女性が腕組みをしながらベンチに座り、男性が地面にあぐらをかいて紫煙を燻(くゆ)らす姿が見えた。シュボッ……男性が新しいタバコに火をつけたその瞬間、闇夜の中にハーフと思(おぼ)しき美貌が浮かび上がった。人気モデルのマギー(27)である。って、あれ? 隣の男性は恋人のK-1王者・武尊(たける)(28)とは似ても似つかぬ、久保田利伸似の男。さらに目を凝らすと、とんでもない光景が飛び込んできた。

男性がタバコの火を消したのを合図に二人は立ち上がり、腕を互いに巻き付けて――しっかりと抱き合ったのである。

5分は経ったか、ようやく身体が離れたと思うと、また二人は語り始めて……公園を後にしたのは、それから3時間はゆうにすぎた深夜3時過ぎだった。

喉(のど)が渇いたのだろう(そりゃそうだ)、自販機で水を買って、最後にもう一度、抱き合ってから、マギーは公園の近くに停めていたベンツで帰路に就(つ)いた。時計の針は朝4時前を指していた。いったいこのイケメンは誰なのか?

「都内で服飾関係の仕事をしているAさんです。マギーは武尊とすでに破局しています。彼女の浮気が原因だと思います。武尊と付き合っているころから、Aさんとコッソリ会っていて、修羅場になっていましたから(笑)。マギーは本命の男と会うときは変装しないので、Aさんと付き合っているんじゃないですかね。ただ……彼女のモットーは『いま、楽しまないでどうするの?』。武尊の前には『Hi-STANDARD』のギター&ヴォーカル、横山健とフライデーされましたけど、マギーは相手が既婚者だろうが、恋が走り出したら止まらない真っ直ぐなコ。今夜、別のイケメンと抱擁していても私は驚きませんよ」(マギーの知人)

「社交的でフットワークも軽い」(前出・知人)というマギーは「芸能界最強モテ女」の座を防衛し続けるのか――。

公園の暗がりの中、見つめ合うマギーとA氏。
マギーの腰に回した手で背中をさすり、髪を撫でた後、ピタリとくっついたまま5分ほど動かなかった。この後、ボソボソと小声でトークを再開
本誌未掲載カット マギーが深夜の公園でイケメン男と5分間にも及ぶ熱い抱擁 ハイスタ・横山健、K-1王者・武尊に続く華麗なる男性遍歴 新たに彼女を射止めたのは?
本誌未掲載カット マギーが深夜の公園でイケメン男と5分間にも及ぶ熱い抱擁 ハイスタ・横山健、K-1王者・武尊に続く華麗なる男性遍歴 新たに彼女を射止めたのは?
本誌未掲載カット マギーが深夜の公園でイケメン男と5分間にも及ぶ熱い抱擁 ハイスタ・横山健、K-1王者・武尊に続く華麗なる男性遍歴 新たに彼女を射止めたのは?
本誌未掲載カット マギーが深夜の公園でイケメン男と5分間にも及ぶ熱い抱擁 ハイスタ・横山健、K-1王者・武尊に続く華麗なる男性遍歴 新たに彼女を射止めたのは?
本誌未掲載カット マギーが深夜の公園でイケメン男と5分間にも及ぶ熱い抱擁 ハイスタ・横山健、K-1王者・武尊に続く華麗なる男性遍歴 新たに彼女を射止めたのは?
本誌未掲載カット マギーが深夜の公園でイケメン男と5分間にも及ぶ熱い抱擁 ハイスタ・横山健、K-1王者・武尊に続く華麗なる男性遍歴 新たに彼女を射止めたのは?

『FRIDAY』2019年10月4日号より

コチラで2ショット動画を公開中!

関連記事

マギーとK-1王者武尊 深夜の「お泊まり愛」を撮った!(動画付き)(2018年8月17号掲載)

スクープ撮!マギー 笑顔の裏に「新恋人」(2017年1月27日号掲載) 

  • 撮影山田宏次郎

Photo Gallary9

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事