ボールが見えない卓球界のエース水谷隼が悲痛告白「心は折れそう」

全日本選手権10回優勝の王者に目の異常が発覚。今年4月から特別な治療に専念していた

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
9月上旬の平日、ラフなファッションでマスク姿の水谷隼をオフィス街で発見した

通勤するサラリーマンの波に紛(まぎ)れて、Tシャツ、短パン姿の水谷隼(じゅん)(30)が、東京・虎ノ門のオフィス街を軽快に歩いていた。今年の全日本選手権で10回目の優勝を果たした日本卓球界のエースは、平日午前中に一人でどこへ行くのか?

早歩きの水谷は慣れた様子で、とあるオフィスビルの中に入っていった。

「そこのビルには視力回復で有名なクリニックがあるんですよ。女子レスリングの吉田沙保里選手や登坂(とうさか)絵莉選手など、トップアスリートが数多く通っています。アスリート同士の横のつながりで、水谷もその病院を紹介されたのでしょう。昨年から彼も目のことで相当悩んでいますから」(日本卓球協会関係者)

水谷が人知れず通院しているのは、『三井メディカルクリニック』。寝ている間にオーダーメイドの専用コンタクトレンズを目に装着することで、角膜の形状を矯正する『オサート』という近視治療を行っており、レーシック手術の不具合に悩む患者が訪れることでも知られている。

「球がほとんど見えていません」

水谷は今年3月、卓球メディア『ラリーズ』で衝撃の告白をした。暗い会場内で、LED掲示板に囲まれ、天井からライトアップされた卓球台では、相手が構えたときにボールが一瞬見えなくなり、ネットを越えるとまた現れるのだという。

東京五輪に向けて、水谷は目の異常を解決するために通院しているのだろう。本誌は治療を終えた水谷に声をかけた。

――現在の目の状態はいかがですか?

「少しずつ改善しているんです。この病院で今年4月頃からオサートを受けています。それでも、ほとんどの試合会場で、まだまだ見づらい。練習場ではまったく問題ないんです。試合環境が自分に適していないのかな」

――視力自体はいま両目とも1.5で問題ないそうですが、本当に試合中にボールが見えなくなるのでしょうか。

「照明の状況によってはボールが消えてしまいます。ただ、(その点について)声をあげているのは、僕だけなんです(苦笑)。見えないほど苦しんでいる選手は他にいないんですよ」

――もしかしたらレーシック手術が影響しているのでは?

「’13年に片目だけレーシック手術を受けているんです。そこから6年ほどは問題なく良いパフォーマンスができたと思っています。ところが、急に’18年の全日本選手権で見えなくなったんです。原因は精神的なものかもしれません。張本(智和)との決勝戦で、極度の緊張もあってか、1球目にいきなりパッと見えなくなった。そこからずっとボールが見えなくなる環境が続いています。それから残った片目もレーシックを受けたのですが、症状は改善されませんでした」

――治療はいつ頃まで続けるのですか?

「やれるだけのことは全力でやりたい。ここにはもう10回以上通っています。最終段階なので、もう腹を据(す)えて治療を受けているんです。目については本当に苦労しています。心は折れそうです……」

日本のエースは「見えない目」との闘いに苦悩していた。だが、着実に回復している。本誌は同クリニックの三井石根(いわね)院長にも話を聞いた。

「水谷さんは通常より角膜が少し薄い一方で、光に対する瞳孔の反応が敏感なため、暗所で瞳孔が瞬時に拡大する特徴があります。角膜が薄い場合にはレーシックで削る面積が限られるため、瞳孔が拡大した時の見え方に不具合が起こりやすくなります。そのため水谷さんの場合、暗い観客席と明るく照らされた卓球台との間で、視点を移すたびに瞳孔が拡大して、ボールが見えにくくなってしまったと思われます。これはレーシックの失敗というより、技術的な限界なのです。いまはオサートで角膜形状が矯正され、多少眩(まぶ)しいことはあっても、ボールが消えることまではなくなりました。あとはオサートレンズを細かく調整し、明暗と遠近との感覚に慣れていくことで、さらに見え方が改善できると考えています」 

水谷も最後にこう力強く語った。

「いまは試合で結果を出せていません。ですが、目さえ良くなれば必ず見返せると思います。現役生活は東京五輪に合わせていますが、目が戻れば、五輪が終わった後も(現役を)考えています。そのためにずっと努力をしているんです」

数々の試練をくぐり抜けてきた水谷なら、きっとこの困難も克服できるのではないか――。そう期待したい。

クリニックでの診療を終えた水谷隼に声をかけると、マスクを取って笑顔を見せつつ、丁寧に質問に答えてくれた
今年4月の『世界卓球』では照明対策でサングラスをかけて試合に臨んだ。いま水谷隼は試行錯誤している状態である
本誌未掲載カット 水谷隼「ボールが見えない」名医のもとに極秘通院 診療を終えた水谷を直撃
本誌未掲載カット 水谷隼「ボールが見えない」名医のもとに極秘通院 診療を終えた水谷を直撃
本誌未掲載カット 水谷隼「ボールが見えない」名医のもとに極秘通院 診療を終えた水谷を直撃

『FRIDAY』2019年10月11日号より

  • 撮影西圭介3枚目写真アフロ

Photo Gallary6

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事