麻生派への忖度? 内閣府政務官就任の今井絵理子は専門知識ゼロ

本当にこの人で大丈夫?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
当選1回で政務官に抜擢された今井議員。今後は一挙手一投足に注目が集まる

当選1回、就任3年の今井絵理子参院議員(36)が防災などを担当する内閣府政務官に起用された。「スピード出世」の背景には「麻生派への忖度(そんたく)」がある。

「政務官人事は派閥の人数に応じて配分されます。安倍政権を長く支える麻生太郎副総理の麻生派に政務官が多く割り当てられ、出せる人材が今井氏だけだったということでしょう。そもそも彼女は(’17年の)元神戸市議との不倫疑惑について説明責任を果たしていません。結果的に相手の家庭を壊し、妻と子供を不幸にしたのに、それについてコメントを出していない。そんな人間を政務官に選んだ安倍政権は、防災対策や危機管理に真剣に向き合っているのかと疑問がわきます」(政治アナリストの伊藤惇夫氏)

今井氏は、台風15号が襲った千葉県内を9月19日になってようやく視察し、「現場の声を聞くのは大事なことだと思った」と記者団に強調した。

「この発言を聞いて、心底呆れました。現場に行って話を聞くのは当たり前以前の話で、いまどき一般人でも、もっと気の利いたことが言えます。国民の生命や財産を守るのが政治家の使命で、現場に入って災害対策や今後の危機管理を考えるのが仕事です。その最前線にいる人間がこの程度の認識なのですから、彼女に防災を担当する資格はありません」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

新たな災害が起こったとき、政府は専門知識ゼロの今井氏に対応させるつもりなのか――。

『FRIDAY』2019年10月11日号より

  • 撮影鬼怒川毅

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事