本田真凜も…。織田信成モラハラ告発のウラに関大3つの“派閥”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
信成の告白は連日報じられ、大きな波紋を呼んでいる

真っ白なリンクとは裏腹に、泥沼の様相を呈している――。

≪辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです≫

9月29日、フィギュアスケート解説者の織田信成がブログにつづったのは、驚くべき内容だった。

「織田さんは’17年に関西大学アイススケート部の監督に就任。2年半監督業を務めたが、今年9月9日に多忙を理由に監督を辞任したと関大が発表しました。しかし、その発表に反論する形となったのです」(スポーツ紙記者)

関大はこれを受けて、ホームページで以下のように反論している。

≪本年4月以降、織田信成さんに関係して、指導方法をめぐって同部内で意見の相違があったことは認識しています。その後、織田信成さんからは、本年7月1日に学長に対して所属事務所、弁護士が同席のもと、指導方法等に関する強い要望がありました。そこで、織田信成さんのご意見もお伺いし、その内容に基づき、時間をかけて複数の関係者に対してヒアリングを行ってまいりましたが、総合的にみてその要望を受け入れることは妥当ではないと判断しました。織田信成さんのご体調も考慮しつつ、こうした結果を織田信成さんにお伝えすべく、慎重に準備を進めておりましたところ、先に織田信成さんから辞任のお申し出があり、やむなく本学として了承することとなりました。なお、9月9日の退任の報道にあたっては所属事務所と十分に協議の上、発表しておりますことを申し添えます≫

今回、部活動の中ではもっとも責任ある立場である監督という肩書のはずなのに、織田がモラハラを訴えたことを疑問に思う人も多いのではないだろうか。実は、『関西大学たかつきアイスアリーナ』をホームリンクとして使用するコーチや選手には、芸能事務所よりも複雑な“派閥”があり、その関係性がかなり入り組んでいるのだ。

「コーチ別に見ると3つの体制があります。織田さんとお母さんの憲子さんが指導をする“織田組”、濱田美栄コーチが指導する“濱田組”、本田武史コーチと長光歌子コーチが指導する“本田長光組”の3チームです」(関西大学関係者)

濱田の教え子には宮原知子や紀平梨花が、本田長光門下には髙橋大輔などがいる。各チームアシスタントコーチが4名ほどと、トレーニング、ダンス、バレエなどの専門的なコーチが指導に当たっている。そうそうたる顔ぶれが並ぶ中で、リンクの使用時間などは細かく決まっているという。

「1時間半~2時間が1コマで、チームの境を超えてレベル別に割り振られることもあれば、チームに割り当てられることもあります。切磋琢磨を繰り広げる環境ではあると思いますが、同じリンクにチームが乱立するという状況なので、対立もあったようです」(前出・スポーツ紙記者)

関大のリンクでは、織田の件のほかにもちょっとした地殻変動も起きている。

「本田太一くんと真凜さんは幼少期から濱田コーチに師事していましたが、昨年4月にレベルアップを目指して、拠点をアメリカに移しました。妹の本田紗来さんも今シーズンから真凜さんと同じアルトゥニアンコーチに師事しています」(前出・関西大学関係者)

ただ、彼女の場合はまだジュニアクラスより下のノービスクラス。このクラスは海外での試合は少なく、日本国内での競技会が中心のため、日本国内の試合に帯同してくれる指導者が必要だ。アメリカからわざわざコーチを呼ぶことは難しいので、日本人指導者に依頼するのが現実的だろう。普通に考えれば継続して濱田コーチに師事しそうなものだが、

「日本では、濱田コーチとは別派閥の、本田武史コーチに指導を頼んでいるんですよ。実は姉の真凜さんも同様に、日本に帰国したときは本田コーチから指導を受けています。ホームリンクも今まで使っていた“たかつきアイスアリーナ”ではなく、兵庫のリンクに移しています」(同・関西大学関係者)

本格的なシーズンインを前に、ますます波乱は大きくなりそうな気配だ。

  • 写真アフロ

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事