キャプテン 坂本勇人(読売ジャイアンツ)華麗なキャバクラプレー

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

深夜0時過ぎ、女性を伴ってキャバクラを出た坂本。オープン戦を欠場し、体力があり余っていたようだ

真冬並みの冷え込みとなった3月7日の夜7時、東京・東麻布の高級焼き肉店へと入っていく、巨人・坂本勇人(29)の姿をキャッチした。坂本から遅れること約1時間、続いて店に入って行ったのは、一昨年オフにソフトバンクから年俸1億2000万円で巨人にFA移籍しながら結果が残せず、二軍生活が続いている森福允彦(31)だ。

主将に就任して4年目を迎えた坂本が、崖っぷちの森福を呼び出し、励ます会でも開いたのか……。だが、そこは番記者の間で「夜の三冠王」の異名を取る坂本。移動日前の貴重なオフの夜を、男だけで過ごすはずはなかった。

森福が入店してから約2時間後の夜22時、店から出てきたのは、派手なコートに身を包んだ4人の美女。時間差で、森福と坂本ら一行も姿を見せる。相当盛り上がったのか、それとも好みの女性でもいたのか、坂本はマスクの奥で満面の笑みを浮かべている。

女性陣と別々のタクシーに乗り込み、六本木に移動すると、それぞれ、雑居ビルの7階へ。ビルの案内板には、はっきりとキャバクラ店の名前があるではないか。坂本らはこの店のキャバ嬢と焼き肉を楽しみ、「同伴」をしたようだ。

「坂本と森福は、チームでは有名な遊び仲間です。共通のタニマチを介して知り合ったみたいで、森福がソフトバンク時代から、たびたび一緒に飲み歩いている。巨人が坂本に主将を任せたのは、責任ある立場に据えれば少しは夜遊びを控えるかも、という狙いがあったようですが、坂本はお構いなし。野球には誰よりもストイックに取り組んでいますが、夜は森福を始めとしたチームメイトを引き連れて、毎晩のように飲み歩いていますよ」

結局、坂本ご一行は深夜0時過ぎまでキャバクラで楽しんだ後、女性を伴って夜の街へと消えて行った。3月4日以降、オープン戦欠場が続き、コンディション不良を疑う声も上がっていたが、そんな心配は無用。本誌が目撃した華麗な「キャバクラプレー」から察するに、今季もこの男は、絶好調のようだ。

’13年、WBC前の合宿でも森福は合コンを開催。坂本とは長年の〝遊び仲間〟だ

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

撮影:西原 秀(1枚目写真) 香川貴宏(2枚目写真)

 

Photo Gallary5

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事