ラグビー日本代表 アイルランド戦ベストプレーをプレイバック!

悲願の決勝トーナメントも見えてきた。この調子でスコットランド戦に挑め

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
アイルランドの巨漢選手のタックルをものともせず、突進するSHの田中史朗。身長166㎝、体重75kgの小柄な体躯ながら、ひるむことなく身体を張った

でかした! 静岡が揺れ、日本が興奮し、世界が驚いた。19対12、日本が初めてアイルランドに勝った。しかも、地元開催のワールドカップで!

この日、日本はひたむきだった。タックルの成功率は93%(アイルランドは88%)。タックルで相手を倒し、すぐに起き上がってはまたタックルに入る。

それでも日本は3対12と先行された。なんとか9対12まで詰めて前半を折り返したが、逆転劇を生んだのは、試合途中から入った選手たちだった。

股関節に不安を抱えるリーチマイケルは前半30分過ぎから出場、突進して相手防御網に楔(くさび)を打ち込んだ。

そして後半18分の逆転トライは、右ふくらはぎのケガで出場が微妙だったウィングの福岡堅樹(けんき)があげたものだ。

ゲームの流れを変えるべく投入された「インパクトプレーヤー」が仕事をし、ラグビー史に残る「傑作」が生まれた。

今回の日本には五郎丸歩のような突出したスターはいないが、全員が見せ場を作ることができる。スクラムハーフの田中史朗はリズムを生み、スタンドオフの田村優は肝心なペナルティゴールを決め、フランカーの姫野和樹は巨漢相手に身体を張った。

ただし、喜ぶのは早計だ。5日のサモア戦では勝ち点5をあげるのが宿題。そして13日にはスコットランド戦が待っている。世界ランキング2位のアイルランドに勝ったいま、日本が倒せないチームはないかもしれない。

(文・生島淳)

後半18分、左展開後、ゴールライン目指して快足を飛ばすWTB福岡堅樹。相手タックルをかわし、そのまま逆転トライ。スタジアムを興奮の坩堝に巻き込んだ
この試合は途中出場だったキャプテン、リーチマイケル。前半30分から出場すると、場内に割れんばかりの拍手が沸き上がり、一気に試合の流れを変えた

田村の冷静なキックが流れを変えた

この試合、4つのPGとコンバージョンを決め、19点中14点を挙げて勝利に貢献したSOの田村優。正確なパスワークとキックでアイルランドを翻弄した

悲願の決勝トーナメント進出が見えてきた!

試合後、胸のエンブレムを指さし、笑顔を見せたFLの姫野和樹。前回のW杯時はまだ帝京大の学生だったが、いまや日本代表のFWのエースとなっている
本誌未掲載カット ラグビー日本代表 アイルランドを倒したベストプレーをプレイバック!
本誌未掲載カット ラグビー日本代表 アイルランドを倒したベストプレーをプレイバック! 流大
本誌未掲載カット ラグビー日本代表 アイルランドを倒したベストプレーをプレイバック! ラファエレティモシー(右)と田村優
本誌未掲載カット ラグビー日本代表 アイルランドを倒したベストプレーをプレイバック! 姫野和樹
本誌未掲載カット ラグビー日本代表 アイルランドを倒したベストプレーをプレイバック! ラブスカフニ
本誌未掲載カット ラグビー日本代表 アイルランドを倒したベストプレーをプレイバック! 田中史朗(左)と中村亮土(右)

『FRIDAY』2019年10月18日号より

  • 写真渡部 薫AFP/アフロ(リーチのみ)

Photo Gallary11

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事