綾瀬、橋本愛、たけし……『いだてん』の打ち上げは史上最大級

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
遅刻者が多数出る中、綾瀬はキッチリ開演前に到着

「たけしさん、入られます!」

無線が飛ぶや、辺りに緊張が走る。車寄せへ飛び出し、直立不動で出迎える若い衆―ではなく、スタッフたち。

10月4日、東京・港区の高級ホテルは北野武監督作品『アウトレイジ』ばりの緊張感に包まれていた。この日、件のホテル地下の宴会場で、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』のクランクアップを祝う打ち上げが行われていたのである。

「2月10日放送の第6話から視聴率1ケタ台に沈み込み、第32話(8月25日放送)では5.0%をマークするなど、ワースト記録ずくめでしたが、打ち上げの規模は史上最大級。演者とスタッフ合わせてなんと総勢600名が会場に詰め掛けました」(芸能プロ幹部)

人数も凄いが、参加者のグレードも史上最高クラス。ロールスロイスで会場に乗り付けたビートたけし(72)のほか、第一部の主人公である〝日本マラソンの父〟金栗四三を演じた中村勘九郎(37)、ドレスの黒と透き通る白い肌のコントラストがまぶしい綾瀬はるか(34)ら、主演クラスの大物がロビーのあちこちを歩いていた。

「役所広司、竹野内豊、大竹しのぶに松坂桃李、斎藤工や生田斗真もいましたよ。そこに杉咲花や上白石萌歌、橋本愛ら若手女優が花を添える感じ。勘九郎さんは前にも一度、大河には出ているんですけど(『新選組!』)、『あのときは演者が男ばかりでした。今回は楽しかった~』と笑ってました」(打ち上げ出席者)

「早く移動しましょう」と阿部サダヲの五本締めで1次会はようやくお開き。スターたちとスタッフ約300人は、近くのイタリアンレストランで「史上最大級の2次会」に臨むのだった―。

10月11日発売の『FRIDAY』最新号では、『いだてん』打ち上げの様子をより詳細に報じている

詳細が書かれた本誌記事はコチラ

  • 撮影高塚一郎

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事