川崎フロンターレ 大久保嘉人 愛車の前でスペシャルインタビュー

クルマもサッカーも日本一を目指す!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

ベンツAMG‐GTS

4人の子供がいる大久保。「この車は二人乗りなので、子供たちは順番に乗せてあげています」と笑った

超がつく高級車を乗り回すJリーガーがめっきり少なくなった昨今だが、いまなお、プロを目指すサッカー少年たちに夢を与えてくれるド派手な男がいた。今季から古巣『川崎フロンターレ』に復帰した大久保嘉人(35)だ。

出待ちのファンの間でも話題沸騰中の高級車について、本誌は大久保を直撃。たっぷりと「愛車自慢」を披露してもらった。


「ベンツの『ゲレンデ』、ポルシェの『カイエン』、BMWと乗り換えてきたけど、この『ベンツAMG―GTS』は別格です。アクセルを踏むとすぐに120キロに到達する、V型8気筒直噴ツインターボエンジン。ワインレッドという渋いカラー。日本に一台しかない希少性。価格は2400万円でしたが、都内のディーラーで発見し、衝動買いしました。もちろん、スピード違反は犯してませんけどね(笑)」

ドッドッドッと響く、独特な重低音を記者に聞かせながら、満面の笑みで語る大久保。ただ、スーパーカーゆえの苦悩もあるようだ。

「街中を走っていると、『誰が乗っているんだ?』と覗(のぞ)き込まれることがたびたびある。この車に乗っている限り、悪いことはできませんよ(笑)」

「Jリーグ連覇に貢献するためにフロンターレに戻った」と言い切り、大久保は「日本一の愛車」を駆って、颯爽(さっそう)と練習場を後にした。

今季からフロンターレに復帰した大久保の愛車は、チームメイトの間でも注目の的になっているという

本誌未掲載カット

写真:濱﨑慎治

 

Photo Gallary3

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事