髙山清司若頭「10.18出所」で山口組分裂騒動は最終局面へ

山口組ナンバー2が出所した。それに合わせ発砲、銃殺事件も発生。山口組の分裂抗争は今後どうなっていくのか。重大局面を分析する。

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’09年の正月、神戸市の護国神社を参拝した際の髙山若頭。この翌年に逮捕され、懲役6年の実刑判決を受けた

10月4日午前4時ごろ。群馬県太田市にある「六代目山口組」傘下の暴力団事務所の前に、バイクに乗った怪しげな男が現れた。男は事務所に、火炎瓶のようなものを立て続けに3回投げつけた後、脇目も振らずに走り去っていく。その間、わずか15秒ほどのことだった――。

10月18日に控えた六代目山口組ナンバー2・髙山清司若頭の出所を前に、全国各地で「山口組分裂抗争」絡みと見られる襲撃事件が多発している。

「火炎瓶を投げ込まれた六代目山口組系栗山組は、’15年に起こった山口組の分裂抗争後、一度は神戸山口組に移籍したものの、今年に入って六代目山口組に戻ったという経緯があった。髙山氏の出所前に、神戸山口組が報復を行ったと見る向きもあります」(全国紙社会部記者)

髙山若頭の出所後に何が起こるのか。ジャーナリストの成田俊一氏は話す。

「司忍・六代目山口組組長と髙山氏が顔を合わせて、何を決めるのか。様々な情報がメディアに出ていますが、六代目山口組の幹部でさえも詳しいことは伝えられておらず、敵対する神戸山口組も身構えています。ただ、髙山氏出所の4日後に天皇即位の礼があるので、このタイミングで抗争を起こすとは考えにくい。また、11月に入るとヤクザの正月に当たる『事始め式』の準備で身動きはとれませんから、年内はある種不気味な静けさになるはずです」

山口組を巡る分裂騒動は、年明けに最終局面を迎えることになりそうだ。

群馬県にある六代目山口組系の組事務所に火炎瓶を投げつけるバイクに乗った男性(防犯カメラの映像より)
10月4日には六代目山口組の「定例会」が行われ、神戸市灘区にある本部に直参幹部たちが続々と詰めかけた

『FRIDAY』2019年10月25日号より

  • 撮影朝井 豊(髙山清司)撮影加藤 慶(山口組本部)

Photo Gallary3

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事