ドラフト直前 パ・リーグ低迷チームが上位を狙うために必要な選手

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今夏の熊本大会で打席に立つ川野涼多(九州学院高)

10月17日に迫ったプロ野球ドラフト会議。各球団の動向が連日報道される時期になったが、当然チームによって補強ポイントは異なってくる。そこで年間300試合以上アマチュア野球を取材する西尾典文氏に、各球団のおすすめ選手を一人ずつ紹介してもらった。また、目玉や上位候補ではなく、あえてあまり報道されていない下位指名で狙える選手から選んでいる。今回はパ・リーグのBクラス3球団だ。

パ・リーグ4位:ロッテ
おすすめ選手: 蝦名達夫(外野手・青森大・右投右打)
楽天との3位争いに競り負けて3年連続のBクラスとなったが、6位、5位、4位と着実に順位を上げており、チームには上昇機運を感じる。野手の主力は中堅、ベテランが多いものの、二軍では安田尚憲が結果を残し、藤原恭大、平沢大河など1位指名で獲得した高校生野手が多いのも心強い。投手陣も種市篤暉、二木康太、岩下大輝と伸び盛りの若手が揃っている。ただ野手はまだまだ全体的に若手の数が少なく、投手陣も太い柱になれる人材というと十分ではない。またリリーフ陣の勤続疲労も気がかりだ。過去数年の目玉から逃げない姿勢を継続しながら、弱点にもしっかり目を向けたいところだ。
1位はまずエース候補の投手に向かうことが既定路線だが、それ以外では24歳前後に人材のいない外野手を獲得しておきたい。おすすめは地方大学を代表する大型外野手の蝦名達夫(青森大・外野手)だ。大舞台の経験はないものの、近年多くの投手をプロに輩出している北東北大学リーグで4度のベストナインに輝いている。この秋は4割を超える打率を残して首位打者も獲得した。大型だが動きに躍動感があるのも持ち味で、隠れた右の大砲候補として面白い存在だ。

パ・リーグ5位:日本ハム
おすすめ選手: 川野涼多(遊撃手・九州学院高・右投両打)
一時は首位に迫りながら、8月以降に急失速してまさかの5位に終わった。オフには金子弐大、王柏融を獲得し、ショートスターターなど新しい取り組みも行ったが、投打ともに層の薄さは否めない印象だ。投手陣は有原航平、上沢直之と柱となる先発二人に次ぐ存在、リリーフでは9回を任せられる抑えの確立が課題となる。また中継ぎ陣も宮西尚生、秋吉亮などベテランに代わる存在を早く整備したい。野手は最も年長の中田翔でも来季31歳と若さがあるのは変わらぬ長所だが、固定できない三遊間、肩に課題のある西川遥輝の後釜なども手当しておきたいポイントだ。
早々に佐々木朗希(大船渡高)の1位指名を公表したが、外れたとしてもエース候補になる素材を積極的に指名したい。更に比較的早く使えるリリーフタイプの投手も上位の枠を使っても獲得しておきたいところだ。そうなると下位で狙いたいのは素材型の野手になる。一昨年は清宮幸太郎、昨年は野村佑希、万波中正と強打者タイプを獲得しているだけに、今年はアスリートタイプを狙いたい。チームカラーに合う高校生でマッチしそうなのが川野涼多(九州学院高・遊撃手)だ。三拍子揃ったスピードが武器のショートで、最近では珍しいスイッチヒッターというのも面白い。中島卓也の去就が不透明で、上位指名で獲得した石井一成も停滞しているだけに、それに代わる存在としてぜひ獲得を検討してもらいたい。

パ・リーグ6位:オリックス
おすすめ選手:神宮隆太(捕手・西日本短大付高・右投左打)
シーズン終盤に追い上げは見せたものの3年ぶりの最下位に沈んだ。チーム打率、得点数はいずれもリーグ最下位でホームラン数も5位。吉田正尚がリーグを代表する打者に成長したものの、それ以外は中途半端に三拍子そろったリードオフマンタイプばかりが揃い、貧打は大きな課題である。一方の投手陣は山本由伸、山岡泰輔と計算できる若手投手が二人揃ったことが大きなプラス材料。育成選手として入団した榊原翼と張奕、西勇輝の人的補償で獲得した竹安大知など若手が伸びてきているのも楽しみだが、増井浩俊が大きく成績を落としているだけに、抑え候補の補強もしておきたいところだ。
1位では佐々木朗希(大船渡高)の指名が有力と報道されているが、どちらかと言えば優先したいのは野手。昨年も打力を重視して頓宮裕真を2位で指名しているが、できれば高校生のスラッガータイプを狙いたい。そんな中で面白い存在なのが神宮隆太(西日本短大付高)だ。甲子園出場経験がないため全国的な知名度は高くないが、強肩強打が魅力の大型捕手だ。まだまだ攻守ともに粗削りではあるが、地肩の強さと遠くへ飛ばせるというのは貴重な能力である。チーム事情を考えると若手の少ない捕手も補強ポイントであり、そういう意味でもピッタリ当てはまる選手と言えるだろう。

 

  • 写真・文西尾典文(にしお・のりふみ)

    スポーツライター。愛知県出身。’79年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事