セ・リーグ上位球団にオススメ!ドラフトで獲るべきこの選手

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今夏の甲子園、初戦の北照高戦でタイムリーヒットを放つ藤田健斗(中京学院大中京高)

10月17日に迫ったプロ野球ドラフト会議。各球団の動向が連日報道される時期になったが、当然チームによって補強ポイントは異なってくる。そこで年間300試合以上アマチュア野球を取材する西尾典文氏に、各球団のおすすめ選手を一人ずつ紹介してもらった。また、目玉や上位候補ではなく、あえてあまり報道されていない下位指名で狙える選手から選んでいる。今回はセ・リーグのAクラス3球団だ。

セ・リーグ1位:巨人
おすすめ選手:落合秀市(投手・和歌山東高・右投右打)
原辰徳監督が復帰して、見事に5年ぶりのリーグ優勝を果たした巨人。FAで獲得した丸佳浩が期待通りの活躍を見せ、坂本勇人、岡本和真と外国人選手に頼らずに、中軸をある程度固定できたということが非常に大きかった。また投手陣も山口俊を再生し、桜井俊貴、高橋優貴の若手ドラフト1位コンビを引き上げたのも原采配の真骨頂と言えるだろう。
しかしこのまま盤石かというと決してそうではない。エースの菅野智之が故障もあって大きく成績を落とし、抑え投手も最後まで固定することができなかった。野手も亀井善行が大ベテランとなっており、岡本の次の中軸候補も見えてこない。
1位は佐々木朗希(大船渡高)、奥川恭伸(星稜高)のエース候補を狙う方針で問題ないが、外野手と抑え候補になれる投手も積極的に狙いたい。下位で狙えそうな選手で面白いのが落合秀市(和歌山東高)だ。恵まれた体格から投げ込む重いストレートが武器の本格派で、この夏は最速148キロをマークした。投球術や投げる以外のプレーに課題は多いが、とにかくボールに力があるのは魅力。打たれても動じないところも抑え投手向きに見える。将来のクローザー候補として狙いたい選手である。

セ・リーグ2位:DeNA
おすすめ選手: 木下元秀(敦賀気比高・外野手・左投左打)
シーズン序盤の大型連敗を跳ね除けて2位に入ったが、戦力的には決して十分とは言えない。主砲の筒香嘉智がメジャー行きを発表し、長く中軸を打ってきたロペスも大ベテランと言える年齢となっている。佐野恵太、伊藤裕季也、細川成也などはいるものの、若手の有望株は圧倒的に不足している。伊藤光の去就が不透明な捕手も補強ポイントだ。投手陣も今永昇太がエースに成長したが、それに続く存在は不足している。今年はルーキーの上茶谷大河、大貫晋一の頑張りがあったが、ここから大きく化けるタイプではなく、若手の底上げは必要不可欠だろう。
上位は即戦力の投手、捕手のバッテリー強化が中心になり、下位でそれ以外の野手の補強という流れになりそうだが、やはり筒香の後のことは考えておきたい。右は伊藤、細川がいるということを考えると欲しいのは左の高校生の強打者タイプ。そこで推したいのが木下元秀(敦賀気比高)だ。夏の甲子園では広角に打ち分けて5割以上の打率をマークする上手さを見せたが、本来の持ち味は豪快なフルスイングにある。また、打球の上がる角度も長距離打者らしい。少し時間はかかるかもしれないが、しっかり育てれば将来中軸を打てる打者に成長する可能性は十分にあるだろう。

セ・リーグ3位:阪神
おすすめ選手:藤田健斗(捕手・中京学院大中京高・右投右打)
シーズン終盤に怒涛の連勝を見せて3位に滑り込んだ。現在のチームの強みは何といってもリリーフ陣。救援防御率2.70は12球団でも最高であり、それが機能したことが昨年の最下位から浮上できた要因であることは間違いない。しかし先発は西勇輝に続く存在が手薄で、抑えが来年で40歳となる藤川球児であることを考えると、楽観視はできない状況だ。更に課題が多いのが野手陣。慢性的な長打力不足で、ベテランと外国人頼みの状況は過去数年と変わっていない。長くチームの看板選手だった鳥谷敬が退団となったが、二遊間の顔ぶれを見ても手薄な感は否めない。キャッチャーも梅野隆太郎の成長は大きいが若手の数が不足しているだけに、そのポジションも補強ポイントと言えるだろう。
1位では奥川恭伸(星稜高)の指名が有力視されているが、その後は上位の枠を使っても積極的に打てる野手を狙いたい。高校球界を代表する強打者である石川昂弥(東邦高)、井上井広大(履正社高)などはもちろんその候補である。今年は高校生、大学生で捕手の候補が多いだけに、梅野の後釜候補を下位で確保しておくのも得策だろう。その枠で面白いのが藤田健斗(中京学院大中京高)だ。元々強肩は持ち味だったが、今年の4月の日本代表合宿で佐々木朗希(大船渡高)のボールを受けた経験を生かして、夏には更に守備全体がレベルアップ。異なるタイプの投手のボールを受けてきた経験も光る。上背はないがパンチ力があるといのも梅野と共通しているだけに、下位で狙える後釜候補としては持ってこいの人材である。

 

  • 西尾典文(にしお・のりふみ)

    スポーツライター。愛知県出身。’79年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

  • 写真時事通信社

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事