防犯カメラが捉えた!外国人殺到で「新宿ゴールデン街」は犯罪爆増

ケンカだけでなく、食い逃げ、スリ、置き引き、備品破壊なども頻発

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
取材後、外波山理事長とともにパトロールに出かけると、早速、路上で寝転がっている外国人を発見した

狭い路地の真ん中で取っ組み合う、ラガーシャツの大男が二人(3枚目写真)。一人が強烈なタックルをかますと、もう一人の大男がふっ飛んで、店先にある室外機や看板をなぎ倒した。大ゲンカは約2分間にもわたり続き、最後は警官隊が出動するまでに発展した――。

小さな飲み屋が密集し、多くの文化人に愛されてきた新宿・ゴールデン街。70年の歴史を誇るこの街が、いま、外国人観光客に荒らされている。9月20日にラグビーW杯が開幕すると、試合観戦後にゴールデン街へなだれ込む観光客が急増。それに伴い、外国人による犯罪行為も頻発しているのだ。

新宿ゴールデン街商業組合の外波山(とばやま)文明理事長が語る。

「ラグビーW杯が始まってからというもの、外国人による犯罪行為が”爆増”しています。食い逃げ、スリ、荷物の置き引き、備品の破壊など、枚挙に暇(いとま)がない。組合としても防犯を強化していますが、有効な解決策にはなっていません。常連さんの客足も遠のいていて、商売あがったりですよ」

本誌は今回、”犯罪現場”を収めた防犯カメラのデータを入手。3枚目画像は、W杯帰りの酔客二人が暴れ、店の備品をぶち壊しまくる様子を映したものだ。

被害にあった店の従業員が話す。

「突然、外で大きな音がして見に行くと、外国人たちがケンカしていました。足元には倒れた室外機とひしゃげたガス管が。大柄の男二人がケンカしているのを見て、他のお客さんはみんな逃げ出してしまった。彼らの暴れ方は度を越しています」

ただ暴れるだけならまだ可愛いもので、なかには観光客のどんちゃん騒ぎに乗じて、さらに悪質な犯罪に手を染める外国人もいる。

下の画像(1)(2)は、「置き引き」の一部始終を収めた防犯カメラから抜粋したものだ。画像(1)左下に映るアジア系と思しき外国人は、キョロキョロと周囲を見渡し、”獲物”を物色。手頃な店を見つけると、ひっそりと店内に入り客のリュックをつかむ。その次の瞬間、あたかも自分のリュックのように背負い逃走した(画像2)。リュックの持ち主は数秒後に気づいて追いかけたが、既に犯人は人ごみに紛れており、見つけることはできなかった。

こんな状況では飲み屋を営業することすら困難だが、いったい警察は何をやっているのか。商店街関係者が苦々しげに言う。

「所轄の四谷警察署の対応がとにかくヒドいんです。事件が起こったら現場に駆けつけてはくれるのですが、他の仕事で忙しいのか、日頃のパトロールはしてくれません。そもそも交番に人がいないこともあります。外国人だから捜査が難しいというのもあるのかもしれませんが、犯罪者をしっかり取り締まっているのか不安が残ります」

日本中を熱狂させたラグビーW杯は閉幕を迎えたが、来年には東京五輪が控えている。外国人観光客たちの乱痴気騒ぎを放置すれば、五輪ではもっとひどいことになるだろう。

ゴールデン街の入り口にあたる大通り付近で、酔っ払った外国人が騒ぎを起こしたため、警官隊が出動した
防犯カメラに収められた、外国人同士の大ゲンカの様子。止めに入った外国人も加わり、大騒ぎになった

画像(1)

置き引きの瞬間を捉えた画像(1)。男はこの後店内に入って客のリュックをつかむと、あたかも自分のリュックのように背負い逃走した

画像(2)

置き引きの瞬間を捉えた画像(2)。組合広報によると、置き引きの常習犯グループがおり、被害が続発しているという。ゴールデン街の飲み屋内に入ると必ず、荷物から目を離さないように注意を受ける

『FRIDAY』2019年11月8日号より

  • 写真新宿三光商店街振興組合(防犯カメラ)

Photo Gallary5

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事