嵐・二宮和也の元女子アナ妻が主張していた“匂わせ”への反論

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
11月3日に登壇した会見での二宮。この会見では”結婚”に関して触れられることはなかった

11月12日に電撃結婚を発表した嵐の二宮和也と、2歳年上の元フリーアナウンサー・Iさん。‘18年3月の芸能界引退まで、人気番組でキャスターを務めるなどの活躍をしていたにも関わらず、多くのメディアが顔写真はもちろんのこと、実名報道も控えた。

「ジャニーズからのプレスリリースも、《かねてよりお付き合いさせていただいている方》としか書かれておらず、Iアナの名前は書かれていなかった。また、発表と同時に、彼女の弁護士から名前と顔写真の公表、及び親族などへの取材を行わないよう通知が来たんです。それで、テレビや新聞などのマスコミ各社は、一般人ということで対応したのです」(ワイドショー関係者)

用意周到にも、本サイトには10月25日付でIアナの代理人である弁護士から《通知書》が送られている。そこには、同じように彼女の実名などのプライバシー権、肖像権、その他名誉権を侵害または棄損しないことと書かれたあとに、こう続いていた。

《通知人(編集部注・Iアナ)に「匂わせ行動」等があったとの事実の指摘も含みます》

ここに記されている「匂わせ行動」とは、Iアナが自身のブログで二宮との交際をあえて分かるようにブログなどで配信しているのではないかという疑惑。一部ファンはそれらを指摘し、ネット上などで炎上していた。例えば、

・番組で二宮が同じメンバーの松本潤からプレゼントされたスヌーピーのTシャツと、同じ色と柄のTシャツを着ていた
・嵐のクッションが写り込んでいる
・ハワイ、宮城と嵐のコンサートがある日に、その地方へ行っていた
・二宮が番組などでもらった花束と同じものと思われる花が飾られていた

などだ。

「この“匂わせ”と思われる行動のため、一部ファンからIアナは強烈な嫌悪感を持たれていた。そんな彼女との交際にジャニーズも反対していたのですが、それを押し切って付き合い続け、見事ゴールインしたんです。それだけにIアナもファンからの反感には敏感になっているのでしょう。そのため弁護士を立てて自ら表に出ないようにしたのでしょうね」(スポーツ紙記者)

確かに、本サイトへの通知書において、わざわざ「匂わせ行動」を明記して否定したのも、そのためだろう。しかも、結婚発表の直前に送ってきたということは、かなりナイーブになっているようだ。

「代理人を通してとはいえ、恐らくIアナサイドが“匂わせ行動”について否定したのは、今回が初めてではないでしょうか。つまり、過去にブログでアップしたものは、たまたま偶然に偶然が重なっただけのことということなんでしょう。とはいえ、一部のファンはそれで納得するとは思えませんが……」(女性週刊誌記者)

結婚というお祝い事であるにも関わらず、あえて二宮がお相手の存在を消したのは、ファンからの強力な反発を避けるのが狙いだったのだろう。

  • 写真蓮尾真司

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事