破局した剛力彩芽は前澤友作との恋愛を“芸の肥やし”にできるのか

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
前澤氏とデートを楽しんでいた剛力。恋愛禁止解禁後初の恋愛は1年半で終焉を迎えた(’19年4月)

前澤友作氏と破局した剛力彩芽の今後はどうなるのだろうか。

交際が発覚した当時は最多で10本あった剛力のCMは、現在ゼロ。テレビのレギュラー出演も『奇跡体験! アンビリバボー』(フジテレビ系)だけとなった。これほど仕事が激減してしまった原因は前澤氏との交際のせいだと言われている。

所属事務所から恋愛禁止令が解けた直後の熱愛第一弾の相手が前澤氏ということに世間は驚いたのだが、交際が始まるや否や、インスタグラムを使い次々と写真をアップ。交際を過剰にオープンにする剛力に、まさに“アンビリバボー”だったのは言うまでもない。

今まで、たとえ芸能人でも目にすることさえできないほどの超セレブな生活を送ることになったのだから、20代の女の子が舞い上がってしまうのは当たり前だろう。

それまで“優等生”と見られていた恋愛初心者の剛力に、前澤氏という恋人は荷が重いんじゃないか、と思った人は多く、また彼女のはしゃぎっぷりに、ファンだけでなく芸能界の先輩たちもハラハラし通しだった。

「彼女の所属事務所には、“25歳まで恋愛禁止”という暗黙の掟があります。厳密に年齢で区切られているわけではないのですが、“スターになりたいのなら、25歳まではわき目も振らず頑張りなさい”ということだそうです。剛力さんは、これをしっかり守りぬいて、女優業に打ち込んでいました。その反動もあって、恋愛に夢中になったのでしょう」(スポーツ紙記者)

だから彼女に対するバッシングというよりは、どちらかと言えば彼女の気持ちをくみ取ったうえで、

「剛力ちゃんは騙されている。早く目を覚ませ」
「モデル好きの前澤氏に遊ばれているだけだ。早く別れたほうがいい」

などと、彼女を心配する声が大きかったのである。

たしかに剛力の暴走ぶりには事務所もお手上げ状態でなすすべもなかった。しかし、前澤氏の「結婚はない」という発言をきっかけに、事務所サイドは見守ることに決めたのだった。

「初めて大人の恋を経験した彼女は“はしか”にかかったようなものだ、そのうち熱も冷めて平常心を取り戻すだろうと。それまでは何を言っても耳を貸さないだろうから、無理強いせずに時間が経つのを待つという方針だったようです」(芸能プロ関係者)

結果は事務所の思惑通りになった。ファンだけでなく、芸能界の仲間や先輩も、彼女の破局に胸をなでおろしている状況が見て取れる。

離れていったファンも戻りつつあるというし、となると、事務所はこれから剛力を“リセット”して再出発に向けて動き出すことになると思われる。しかし、彼女が信頼していた担当マネージャーが今月中に退社してしまうため、不安要素も多い。今後の女優業を危ぶむ声もあるのだが、「それほど心配する必要はない」と語るのは、広告代理店社員。

「確かに交際発覚後に仕事は激減しましたが、打ち切りになった番組やCMがあったわけではありません。彼女は罪を犯したわけではなく、ただ単にイメージダウンで新しい仕事のオファーがなかっただけ。オファーがあったとしても彼女が前澤氏との交際に忙しくて仕事をセーブしていたから仕事が減っていたのです。これから事務所は失った分を取り戻そうと必死に営業をかけるでしょうから、テレビで彼女の顔を見る機会は増えるでしょう」

剛力の近影を見ると、痩せてしまっているが、なにか付き物が取れたようなさっぱりした表情をしている。

そして、大恋愛を経験したことで一皮も二皮も剥けた彼女はきっと演技にも深みが出て、これまでの清純派から脱却できるのではないだろうか。結婚後に『昼顔~午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)で大ブレイクした事務所の先輩・上戸彩のように、ステップアップする可能性は大いにあるだろう。

恋愛は“芸の肥やし”とは、よく言ったものだ。

  • 佐々木博之(芸能ジャーナリスト)

    宮城県仙台市出身。31歳の時にFRIDAYの取材記者になる。FRIDAY時代には数々のスクープを報じ、その後も週刊誌を中心に活躍。現在はコメンテーターとしてもテレビやラジオに出演中

  • 撮影西圭介

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事