草津町長と女性町議が町長室で「やった」「やらない」泥沼裁判

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
幻想的にライトアップされた草津温泉の湯畑には、多くの観光客が訪れる

日本有数の温泉地、群馬県・草津温泉で、前代未聞の大騒動が起きている。

なんと草津町の現役町議である新井祥子氏(50)が、ネット上で黒岩信忠町長(72)に迫られて町長室で性交渉に及んだと告白したのだ。新井氏は本誌の取材に対して、あらためてこう証言する。

「’15年1月8日、私は町長に相談したいことがあり、町長室を訪ねたんです。そのとき、初めのうちは向かい合って話していたのですが、『横においで』と言われました。私が座り直すと、『A(男性町議)とヤッたのか?』と聞いてきた後、私の肩を引き寄せ、キスをされました。手で押し払おうとしたのですが、凄い力で抱きしめられて、逃げようとしたら、床に押し倒されました。すると、後ろから抱きしめられて、胸を触られ、下着の中に手を入れられました……」

新井氏は独身。草津町議会初の女性議員で、現在2期目を務めている。彼女は時折、目を潤ませながらこう続ける。

「性交渉が終わり、私が服を直すと、町長は何事もなかったかのように、『コーヒー、冷めちゃったね』と話しかけてきました。優しい言葉は一つもありませんでした。短い時間だったのかもしれません。でも、ずっと我慢していたので、私にはとても長かった。面会時間が終わると、すぐに『お疲れさん』という感じで部屋から出されましたね。

私は町長のことを尊敬していましたが、肉体関係を持ちたいと思ったことはないです。まして、町長室でそんな行為をしたいと思うはずがありません」

草津町役場にある町長室。大きな窓があり、広々とした密室で、いったい何が起きたのか

一方の黒岩町長は激怒している。事実無根の内容によって名誉を傷つけられたとして、新井氏らに対する告訴状を群馬県警長野原署に提出したと明らかにした。

黒岩町長は中卒ながら、草津町議に当選し、’10年に草津町長に就任。バブル崩壊後、客足が激減していた草津温泉を再び人気観光地に押し上げた立て役者として知られ、今年3月には人気番組『カンブリア宮殿』にも出演している。

黒岩町長は新井氏の告白について、本誌にこう断言する。

「まったく根も葉もないこと。まるっきり嘘です。たしかに彼女が選挙のことで相談があるということで面会はしています。しかし1月8日は年始の挨拶で、いろいろな人が出入りしますから、とてもそんなことは不可能ですよ。それと町長室には大きな窓があり、草津町交番や商工会館からも丸見え。私が町長になったときからカーテンは壊れており、ずっと閉めていません。そもそも私は危機管理として、女性が一人で訪問してきたときは、ドアを開けておきます。

彼女から恨みを買った覚えはないですが、私が草津温泉の『時間湯』(伝統的な高温入浴法)を改革すると言い出したことに対して、気に食わないという人たちがいます。それと関係しているかもしれません。男と女の話は水掛け論でウヤムヤになるから、作り話で脅迫すれば黒岩は失脚するだろうという仕掛けですよ」 

黒岩町長の鼻息は荒い。それにしても、新井氏はなぜ今になって、顔出し実名で町長室の情事を話し始めたのか。

「町長の裏切り行為を知ったからです。彼は今年4月の選挙で私が当選しないように、ウラで動いていました。そのことを知って、本当に許せなかった。私があのことを公表すれば、訴えてくるだろうとは思っていました。でも黙っていると無かったことにされると思い、話をしようと決めたんです」(新井氏)

湯畑のライトアップをはじめ、さまざまなイベントによって注目を集めている草津温泉。スキャンダルでも全国の注目を浴びる形となった。

3期目の町長を務めている黒岩氏は、草津温泉の復活を牽引してきた
新井氏は町外の出身の元会社員で、’11年4月に草津町議に初当選した

『FRIDAY』2019年12月13日号より

  • 撮影濱崎慎治撮影西 圭介写真時事通信社

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事