イモトアヤコ「第一印象が最悪」だったディレクターと結婚した理由

イモトは出演する『世界の果てまでイッテQ』ディレクターと結婚。周囲は大歓迎ムードだ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
2018年4月、都内の花屋を訪れたイモトアヤコ。この直前、イモトはコンビニで『フライデー』を立ち読みしていた

「私が結婚するのは石崎Dです! 石崎さんと結婚します!!」

11月24日、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の緊急生放送スペシャルで結婚を発表した、タレントのイモトアヤコ(33)。

番組はニュージーランドでのロケで、VTRに次々と結婚相手候補7人が登場して誰が本当の結婚相手なのか推理させるという、かなり凝った内容だった。最後にイモトと一緒にバンジージャンプを跳んで明かされたお相手が、石崎史郎ディレクター(41)だったのである。

「今回の結婚は番組スタッフすら直前まで誰も知りませんでしたから、そりゃあ驚きでしたよ。石崎Dは明大卒で番組制作会社の社員です。仕事熱心で性格も温厚なので、今回の結婚は好意的に受け取られています」(日本テレビ社員)

二人の馴れ初めは12年前。最初の頃の互いの印象は最悪だったというが、仕事で一年の大半を共に過ごすうちに絆が芽生え、本音で語り合える仲となっていった。しかしイモトが石崎氏への想いに気付いたのは’17年の南極登山ロケのときだったという。

このとき石崎氏は途中で高山病になり、無念のリタイアだったが、逆にイモトは、

「急に石崎さんがいなくなったことで、すごく不安になっている自分にびっくりした。この方に私はすごく支えられているんじゃないかと気付いたんです」

と、改めて彼の存在の大きさを実感したのだという。

仕事仲間という関係ゆえに、その想いを伝えるべきかどうか、イモトは悩んだ。だが結局、意を決して、帰国後に「相談ごとがある」と石崎氏を焼き肉店に誘い、想いをしたためた手紙で逆プロポーズ、石崎氏の返事はもちろんOKだった。

番組共演者たちは驚きとともに、揃って二人を祝福、ネット上も二人の結婚を祝福する書き込みであふれた。

「芸能事務所はテレビ局関係者との結婚にいい顔をしないことも多いのですが、イモトの所属事務所は歓迎ムード。『イッテQ!』のおかげで今日のイモトがあると恩義を感じているからでしょう。今回の特番では22.3%という高視聴率を出し、番組の中でもますます存在感を示した形です。意地の悪い見方をすれば、『イッテQ!』以外の仕事はやりづらくなったとも言えます」(芸能デスク)

結婚ですら、視聴率アップのために利用する――。テレビにすべてを捧げる夫婦の誕生ということなのだろう。

『FRIDAY』2019年12月16日号より

  • 撮影原一平

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事