「珍コーデ」エマ・ワトソン 21ヵ月ぶりのレッドカーペット

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

2018年にバニティ・フェア主催のオスカーパーティーに出席して以来、レッドカーペットから遠ざかっていたエマ・ワトソンが、1年9ヵ月ぶりに新作映画のプレミアに登場。その装いが“攻めている”と話題だ。

マンハッタンのMoMAで行われたのは、グレタ・ガーウィグ監督が手掛けた新作『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のプレミア。

オルコットの名作小説『若草物語』をベースにしたこの作品で、エマは美しい四姉妹の長女メグを演じている。

プレミアには、ガーウィグ監督はもちろんのこと、主役で次女ジョー役のシアーシャ・ローナンをはじめ、相手役のティモシー・シャラメ、そして三女ベス役のエリザ・スカンレン、四女エイミー役のフローレンス・ピューら、主要キャストが勢ぞろいした。

この日、エマは両腕が露わになった黒いドレスを着用。

床に引きずるほど長いフロアレングスのこのドレスを、右脚側だけたくしあげて、ベロア素材のサイハイブーツにねじこんでいた。

大きく足を開いたポーズで、超ロングブーツを見せつけているエマ・ワトソン。写真:REX/アフロ

このドレスは「バレンシアガ」のものだが、本来はすそをおろして着用するデザインだ。

したがって、すそをブーツにしまうという大胆なアレンジは、エマ(あるいはスタイリスト)が思いついたものだろう。

ボディラインを隠しすぎる、ゆったりとしたシルエットが気に入らなかったのかもしれない。

フォトコールでは、そのアレンジを際立たせるかのように、右脚を突き出したポーズを連発していた。

何事にも強いこだわりを持つエマらしい装いではあるが、「ユニークで個性的」「久しぶりのレッドカーペットなのに残念」と、賛否は大きく別れている。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は日本でも2020年3月に公開予定だ。

エマが着用したドレスは、「バレンシアガ」の2020スプリングコレクションのもの。写真:REX/アフロ
  • 原西香(はら あきか)

    海外セレブ情報誌を10年ほど編集・執筆。休刊後、フリーランスライターとして、セレブまわりなどを執筆中

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事