週刊誌では衝撃告白 氷川きよし『大胆イメチェン』の舞台裏

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
高級ブランドの紙袋を両脇に抱える氷川きよし。この日も、メイクはばっちりだった

氷川きよしの覚悟を見た――。

紅白歌合戦20年連続出場、日本レコード大賞受賞(‘06年)など、輝かしい実績を誇る“演歌界のプリンス”氷川が中性的な魅力を爆発させている。

序章は8月に行われたプロ野球・東京ヤクルトスワローズ×阪神タイガースの始球式。ムダ毛の一切ない“美脚”を大胆露出したショートパンツ姿で登場し、球場全体を驚かせた。

氷川は演歌と並行して、ビジュアル系ロックアーティストとしても活動を開始。妖艶衣装に身を包み、演歌の時とはまた違った味わいをファンに提供している。15年来の女性ファンはこう話す。

「最初どうしちゃったんだろうと思いましたが、きよし君がやりたいことなら応援します」

氷川も今年で42歳。演歌界では山内恵介や三山ひろしなど「ポスト氷川きよし」と呼ばれる後輩が次々と現れている。音楽関係者の話。

「加えて、韓国アーティストの人気も凄い。氷川さんのファンも少なからずそっちに流れてしまっている。所属レコード会社の幹部もファン離れは気にしていた」

突然のイメチェンにはそうした背景があるのかもしれないが、11月25日にインスタグラムで公開したウェディングドレス姿と、「週刊新潮」の告白記事は、氷川が抱える内面的な葛藤を表していた。

新潮で氷川は、「男らしく生きて欲しいって言われると、自殺したくなっちゃう」と発言。ウェディングドレス姿も大反響で、未婚女子からは「まさか氷川きよしに先を越されるとは思わなかった」という声が相次いだ。

極めつけは12日に行われた毎年恒例の特別公演「きよしこの夜Vol.19」。氷川は英ロックバンド「クイーン」の名曲「ボヘミアン・ラプソディ」の日本語訳バージョンを熱唱し、「(ボーカルの)フレディ・マーキュリーが抱える孤独が心に響いた」と述べた。

フレディは同性愛者で知られる。現場取材した記者は同曲をチョイスした氷川の心情を推し量ることはできなかったという。ならばと、氷川をよく知る音楽関係者が解説する。

「イメチェンは氷川さんの“覚悟”が現れている。実は、今回のような路線は10年以上も前から氷川さんが事務所に対して訴え続けていたこと。しかし、事務所はファンのことを考え、必死に止めていた。彼にしてみれば、悶々としたまま10年以上過ぎてしまったことになる。デビュー20周年を迎え、ここらが限界。ついに爆発したと言っていいだろう」

舞台裏の“温度感”を探ってみても、氷川と事務所サイドが密に連携して今回のことを仕掛けたというよりは、氷川が、事務所を引っ張る形でグイグイ進んでいったような印象を受ける。

「事務所にとって氷川は長年の稼ぎ頭。辞められたらシャレになりません。そこは“あ・うんの呼吸”で、氷川を信じてやるしかない」(同・音楽関係者)

こうした変化について、長年取材してきたスポーツ紙の記者が語る。

「氷川さんは女子よりも美意識が高く、お肌もスベスベです。報道陣には常に礼儀正しく、高齢記者の手を取って階段の上り下りをすることもある。氷川さんが自分らしくありたいのであれば、それでいいのではないでしょうか」

今年も暮れの紅白歌合戦に白組として出場予定の氷川。一体どんなステージを見せてくれるのか、注目だ。

  • 撮影山田宏次郎

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事