剛力彩芽 破局後出た「前澤氏と月に行った方がよかった」という声

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

 

剛力も前澤も、お互いのことをメディアでコメントしあっている。未練も見え隠れするが……

ZOZO元社長の前澤友作氏が、4億円近いスーパーカーを購入したことがニュースになっている。超お金持ちで、車好きの前澤氏が自動車を1台購入したくらいで驚きもしもないが、さすがに“4億円のクルマ”となるとどんなものなのか気になるところだろう。

剛力彩芽と交際中はその動向が注目され、毎日のようにネットを騒がしていたが、破局が明らかになってからは少しトーンダウンしたような印象がある。前澤氏の話題がめっきり少なくなってしまったことは否めない。しかし、剛力との交際中から破局直後まで非難の声を浴び続けていた彼が、ここにきて“株”を上げているという。

そのワケは、前澤氏が12月5日放送の『直撃!シンソウ坂上SP』(フジテレビ系)で語った剛力との破局の真相にあった。

前澤氏と剛力の交際が発覚したのは昨年4月のこと。交際は1年以上に及んだが、その間ふたりのデート模様をSNSで発信するなど、オープンな交際を続けてきた。前澤氏は剛力の魅力について、

「かわいいじゃないですか。テレビで見る顔とまた違いますから。苦悩している姿とか、普通の人がやったことない経験をしている姿は、僕から見ても素敵だなと思いますし、尊敬できる」

と語った。さらに破局の理由を、“お互いの方向性の違い”にあったことを明かしている。

前澤氏は剛力と一緒に宇宙に行きたかったようなのだが、トレーニングに時間が取られることで、剛力の仕事に支障が出るのは明らかだ。そして話題は、前澤氏に非難が集中する要因のひとつとなった「剛力との結婚はない」発言へ切り替わる。これについて前澤氏はこう言及した。

「別にしてもいいんですけど、意味がないと思っちゃう。恋愛した瞬間に結婚したと同然と思って付き合うので。付き合ってる途中にわざわざ紙(婚姻届)を交わす必要性を感じないだけ」

前澤氏は未入籍の二人の女性との間に3人の子どもがいることは知られているが、

「僕は子どもがいますので。子どもは結婚していないお母さんとの間の子どもなんで。そっちと結婚しなかったのに、新しく誰かと結婚するって、いろいろ示しがつかないし」

と、彼独自の“結婚観”を示した。

彼の考えには当然賛否両論があるが、今や世界的にも、日本の芸能界でも事実婚は否定されるものではなくなっており、それを鑑みれば前澤氏の考えは非難の対象とはならないだろう。“理解できる”という声も多く聞かれるようになった。

そして、前澤氏との交際を心配していた剛力ファンは破局したことでほっと胸をなでおろしていて、彼女のこれからの活躍に期待している。その一方で“惜しいことをした”という意見も。

「前澤さんと別れて“足かせ”がなくなった剛力さんには、この先、事務所も力を入れるでしょうから露出は増えると思います。しかし、前澤さんと交際が発覚する前の彼女は、主演ドラマがお世辞にもヒットしたとは言えない。復帰してもどこまで活躍できるのか。それに前澤さんとの交際で“色”が付いてしまったので、仕事の幅が狭くなる心配もあります。業界内では“宇宙に行けばよかったのに”という声が出ていますよ」(広告代理店関係者)

かつて泉雅子が南極点到達を達成して脚光をあびたが、剛力も月に行くとなれば、その比ではない。前澤氏についていけば“日本で最初の宇宙帰りの女優”として注目を浴びることができただろう。もしかしたら“世界初”の可能性だって否定できない。念願のハリウッドデビューも近づくことができたのではないだろうか。

今からでも遅くないから、月に行ったほうがいいのでは……。

  • 佐々木博之(芸能ジャーナリスト)

    宮城県仙台市出身。31歳の時にFRIDAYの取材記者になる。FRIDAY時代には数々のスクープを報じ、その後も週刊誌を中心に活躍。現在はコメンテーターとしてもテレビやラジオに出演中

  • 撮影川上孝夫

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事