れいわ代表・山本太郎氏が小泉環境相のお膝元で集会を開催した理由

「桜を見る会」の疑惑で綻びが見え始めた安倍政権。山本氏は「打倒アベ」のキーパーソンになるか

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
安倍政権は会期延長の申し入れを拒否し、野党も内閣不信任案の提出を見送り、国会は12月9日に閉幕した

「小泉(進次郎)大臣のお膝元にやってまいりました。今日は政治をセクシーに語りたい(笑)」

れいわ新選組代表の山本太郎氏が12月7日、横須賀に現れた。本誌記者がなぜ横須賀で集会をするのかを問うと、

「進次郎さんと対決する前に、横須賀の皆さんに挨拶に来ました! と言ったら(マスコミは)うれしいでしょ? でも違うんです。(次の衆院選に)私がどこから出る(出馬する)かは、まったく決まっていません」

「桜を見る会」の疑惑について答える気がない安倍政権は国会を閉会。山本氏はその間、精力的に地方を回ってきた。

「山本氏は野党が共闘しないと自民党には勝てないと公言しています。れいわ新選組は『消費税廃止』を政策に掲げていますが、野党が歩み寄るために『消費税5%』まで譲歩している。『消費減税』を旗印にして、野党が候補者を統一できれば、政権を追い詰めることができます。

山本氏本人も象徴的な選挙区に立候補するはずです。安倍総理の山口4区、麻生副総理の福岡8区、小泉進次郎環境相の神奈川11区は十分ありえると思います」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

ほころびが見え始めた安倍政権に引導を渡すのは、彼かもしれない。

「全国ツアー」と称し、各地で演説する山本氏。この日はホテルの宴会場で「おしゃべり会」を行い、約250名が押し寄せた

『FRIDAY』2019年12月27日号より

  • 撮影鬼怒川毅

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事