羽生結弦 ネイサン・チェンとの激闘で見えた「金メダルへの道」

ネーサン・チェンとの激闘を振り返ると、再び世界最強に返り咲く道筋が見えてきた

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

12月5日から7日、イタリア・トリノで行われたグランプリファイナルで
前王者と現王者がプライドをかけて激突した。
結果、王座奪還はならなかった羽生だが、
来年3月の世界選手権でのリベンジと
そして自らが理想とするスケートの実現に向け確かな一歩を刻んだ――。

©ゲッティ・イメージズ

「自分にとっては4回転アクセル、4回転半というのは王様のジャンプ。それをやったうえでフィギュアスケーターとして(理想の演目を)完成したいという気持ちは強いです」

グランプリファイナル激闘後の12月8日、記者会見で前人未到のジャンプへの思いを語った羽生結弦(25)。

ネイサン・チェン(20・米国)から王座を奪還すべく臨んだ今大会だが、5日のショートプログラム、7日のフリーともチェンに次ぐ2位に終わり優勝を逃した。

だが、羽生にはチェンにない強みがある。それが4回転アクセルだ。世界選手権などで活躍し現在はプロスケーターの渡部絵美氏は解説する。

「前脚で踏み切って後ろに降りるアクセルは、後ろ脚で踏み切るルッツやフリップと違い、誤魔化しが利かないシビアなジャンプですが、ネーサンはこのアクセルが唯一と言っていいほど苦手。いっぽう羽生選手が4回転アクセルを完成させる可能性は十分にあります。アクセルを決めつつ他の難易度の高いジャンプをミスしない体力が勝負のポイントでしょう」

ショートプログラムを終えた翌日の6日、羽生の練習中に周囲がざわめいた出来事があった。公の場で初めて4回転半に3度挑戦したのだ。惜しくも成功はしなかったが、機は熟していると言っていいだろう。来年3月の世界選手権での大技投入について「頑張ります。そのつもりで」と明かした羽生。3ヵ月後、次の決戦地・カナダで雪辱を果たす――。

12月8日のエキシビション前、ひとり鏡の前に立ち、入念にウォーミングアップ。その表情は真剣そのものだ ©ゲッティ・イメージズ
大会期間中の12月7日、25歳に。記者たちから誕生日ケーキをプレゼントされて、一息でロウソクを消す ©フォート・キシモト
イタリア・トリノは憧れのスケーター、プルシェンコが五輪で金メダルを獲得した、思い入れのある場所だという ©フォート・キシモト
7日のフリーで、封印してきた4種類5度の4回転ジャンプに挑戦。終了後うずくまってしまうほど体力を消耗したハードな演技だった ©時事通信

さらなる高みを目指して―― 公の場で初めて4回転アクセルに挑戦

ショート終了時点でチェンとは12.95点差。フリーで逆転するのは困難だと認識した羽生は「絶望的な状況の中、この大会で何か爪痕を残さないといけない」と6日の練習で4回転アクセルに挑んだ ©フォート・キシモト
今年3月の世界選手権に続きチェンに連敗。「めちゃめちゃ悔しいし、今に見ておけという思い。早く練習したい」とすがすがしい表情で語った ©朝日新聞/ゲッティ・イメージズ

勝負には負けたが、自分の中の勝負にはある程度勝てた。 また一歩強くなれた

エキシビションでは、金メダルに輝いた’18年の平昌五輪でも披露した『ノッテ・ステラータ』を優雅に舞った ©フォート・キシモト

ジャンプもダンスも完璧 世界最高得点で優勝したチェン

ほぼノーミスの圧倒的な演技を披露。ショート&フリー総合で自身が持つ記録を更新し、世界最高となる335.30点でグランプリファイナル3連覇を達成した ©ゲッティ・イメージズ
昨年の世界選手権から負けなしの現王者は「羽生と争えるのは光栄。彼は自分をより良いスケーターに押し上げてくれる」と語る ©ゲッティ・イメージズ
今大会を振り返って。「世界最高記録には驚きました。でも、技術的に改善できる余地があります。演技構成点では、まだユヅに及ばない」 ©時事通信

羽生結弦には 金メダルしか似合わない

フリーで渾身の滑りを見せた羽生に対し観客から、くまのプーさんのぬいぐるみが投げ込まれ、会場は割れんばかりの歓声に包まれた ©朝日新聞/ゲッティ・イメージズ

『FRIDAY』2019年12月27日号より

Photo Gallary12

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事