『ムー』編集長の’20年大予測 米中の核戦争勃発で東京五輪中止

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
創刊40周年の’19年に人気を博した『ムー』を前に’20年を予測する三上丈晴・編集長。首にかけているのは定規とコンパスのフリーメーソンのシンボルマークだ

「’20年夏に予定される東京五輪ですが……。実は、開催されない可能性があるんです。東日本大震災の発生を予測した、松原照子さんという予言者が指摘しています。全世界的に大混乱が起きるため、五輪どころではなくなるかもしれません」

こう話すのは、’19年に創刊40周年を迎えたミステリー雑誌『ムー』編集長の三上丈晴氏(51)だ。三上氏はこれまでにも、中国の有人宇宙船が周回軌道に乗ることや、ロシアへの隕石落下などを的中させてきた。今回は、さまざまな予言や言説から’20年の世界情勢を予測。三上氏によると、第三次世界大戦が勃発する危険が高まっているという。

「ローマ教皇フランシスコは’16年7月に、すでに『第三次世界大戦が始まっている』とハッキリ明言しています。ローマ教皇は目に見えない大国間の経済戦争のことを指摘したと言われますが、’20年にはリアルな戦争に発展するかもしれません」

カギを握るのがドイツ銀行だという。

「ドイツ銀行はドイツ最大の民間銀行です。米国や中国、ロシアなどの大国と太いパイプがあり、金融派生商品などの取引総額は7500兆円を超える。ドイツの国内総生産の19倍という、とてつもない金額です。そんな巨艦・ドイツ銀行が深刻な経営難にあえいでいます。住宅担保ローンの不正販売で米司法省に約8500億円の罰金の支払いを命じられ、ドイツ第二の規模のコメルツ銀行との統合が破談になり収益率が悪化。10年ほど前に108ユーロあった株価は、’19年12月段階で7ユーロにまで急降下しています。破綻となれば、’08年のリーマン・ショック(負債額64兆円)の比ではないでしょう。世界同時株安で、人類史上最悪の経済恐慌を巻き起こしかねません」

第二次世界大戦の引き金となったのも世界恐慌だ。ドイツの巨大銀行が破綻すれば、EUだけでなく米国や日本など各国への影響は計り知れない。全世界の治安が悪化し、各地で紛争が勃発してもおかしくないだろう。

さらに三上氏が注目するのが、ブルガリア人女性ババ・ヴァンガの予言だ。

「ババは’96年に86歳で亡くなりましたが、予言があまりも的中するため発言内容が国家機密事項になったほど。第二次世界大戦中、ヒトラーも戦略の参考にするためわざわざ彼女のもとを訪問したと言われています。ババは同時多発テロが起きることや、米国に黒人大統領が誕生することを予測していました」

ババの予言によると、経済恐慌で最も深刻な影響を受けるのがロシアだという。

「ババは『ロシアは首を切られる』と予言しています。EU発の大恐慌は、隣に位置し密接な関係にあるロシアを直撃するでしょう。プーチン大統領の失脚もありうるかもしれません」

未来から来たとされる“タイムトラベラー”たちも、第三次世界大戦の勃発を予測している。

「2075年から英国国防総省のタイムマシンで現代にやってきたという、マイケル・フィリップスという兵士が警鐘を鳴らしています。彼は過去の特殊偵察部隊員だそうです。フィリップスによると、中国・ロシアの同盟勢力と英米を中心にしたグループとの間で紛争が発生。’20年に核戦争が起きるとか。核の使用は限定的ですが、戦争は3年間におよび全世界で数百万人の犠牲者が出ると言われています。核戦争の影響はフィリップスのいる時代にも及び、放射能で荒れ果てた荒野が世界各地に広がるそうです」

だが、悲観的になる必要はない。タイムトラベラーの役割は過去に舞い降りて、未来では常識になっている既成事実を覆すこと。警鐘に耳を傾け危機感を持っていれば、悲劇を回避することもできるのだ。

「フィリップスによると、タイムトラベラーの警告により避けられた悲劇はいくつかあるそうです。例えば’08年に起きていたかもしれない、米国を荒廃させた大きな内戦です。2038年から’00年にやって来たタイムトラベラーが、『このままでは危ない!』と何度も注意を喚起。壊滅的な内戦を回避できたと言われています。警鐘を真摯に受け止めれば、第三次世界大戦も避けられる可能性はあるでしょう」

フィリップスは、近いうちにカリフォルニアでマグニチュード10超という人類史上最大の地震が起きること。人類初の火星着陸を成し遂げるのは、NASA(米国航空宇宙局)ではなく、民間人でテスラ社CEOのイーロン・マスクであることも指摘しているという。

******************

三上丈晴(みかみ・たけはる) ’68年9月、青森県生まれ。筑波大学卒業後、学習研究社に入社。入社1年目から『ムー』編集部に配属。’05年に5代目編集長に就任。テレビ、ラジオ、ネット動画などでも活躍している。

  • 撮影山崎高資

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事