田村優 ONE TEAMが敵同士で激突するトップリーグでの目標

W杯ベスト8を達成したスタンドオフが、激闘の舞台裏、新たな抱負を語る独占インタビュー

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
たむら・ゆう ’89年愛知県生まれ。明大卒業後、NECを経て、’17年よりキヤノンイーグルスに所属。’15年、’19年W杯に出場

日本中を熱狂させたラグビーW杯から2ヵ月。決勝トーナメント進出という偉業を達成した興奮はいまだ冷めやらない。代表メンバーは年明けに開幕するトップリーグへの準備の他に取材やテレビ出演に追われる日々だ。田村のもとにもメディアからの依頼が殺到したという。

「W杯が終わった直後はめちゃめちゃ忙しかったんですが、強引に1週間空けてもらって、家族で宮古島に行きました」

W杯のオープニングゲームでもあったロシア戦。プール戦の対戦相手4チームの中では唯一格下と言える相手だった。しかし、開始早々の4分、ハイパントの処理ミスからロシアが先制。ぎこちなさを感じさせるスタートだった。

「開幕戦のプレッシャーなどもあって、前日もあまり寝られず、体調も良くなくて。勝って当たり前であるうえに勝ち点を5ポイント獲らなきゃいけなかった。相手に手こずったというよりは自分たちの心の持ち方が難しく、そういう点では一番難しい試合だったなと思います」

最初の20分で「勝てる」と

序盤苦しめられながらも勝利した日本。第2戦目の相手はW杯開幕時点で世界1位だったアイルランドだった。当然、前評判では圧倒的に敵方が有利。だが、田村には勝つ自信があったという。

「最初に相手に12点取られましたけど、開始20分ぐらいで、僕は『絶対イケるな』と思っていました。トライを奪われた一瞬以外はしっかりと集中できていて、自分たちのほうが勝っているという手応えを皆、感じていました。日本の一番の課題である体格を武器にしたコンタクトプレーでも負けていなかった。だから勝ったときも、4年前に南アフリカに勝ったときほどの衝撃はなかったです。普通にやって普通に勝った、という感じです」

結果は19対12。過去9戦して一度も勝てなかった相手からの歴史的勝利は、必然の勝利だった。ここから日本代表の快進撃は加速し始める。サモアを降(くだ)して3勝で迎えたプール最終戦、予選突破の前に立ちはだかった相手は、4年前に唯一敗北を喫したスコットランドだった。

「スコットランド戦は、絶対に負けられないうえ、ミスも許されない。そんな試合は初めてでした。まさに歴史を変えるにふさわしい相手で、サモア戦が終わった直後から、僕はもうワクワクしていました。スコットランドはやはり強いチームでした。でもあの試合だけに限れば、あのときの日本代表チームは世界最強だったと思います。勢いもエネルギーもスピードも精度もありましたし、誰一人ミスを恐れず、気持ちも充実していました」

”史上最強”の日本代表はその言葉通りスコットランドに勝利し、決勝トーナメント出場という歴史を創ったのだった。

しかし、連戦の日々は彼らの身体と心を少なからず消耗させていた。

「口には出しませんでしたが、皆、身体はもう限界でした。さすがに5戦目ともなると身体も心もきつかったです。いま所属チームのキヤノンに南アの選手がいるのですが、彼の話では、あの試合の前、南アフリカはロッカーに僕の写真を貼って、本気で僕を壊すつもりで練習していたそうです。そこまでやられると完敗ですね。やはり世界一になったチームです。強かったです。ただ、思いっきり挑戦してはじき返された。恥ずべきところはない、いいチャレンジだったと思います。

終わったときにはメンバーやスタッフが皆、泣いていたので、僕も思わず感極まってしまいました。いろいろな感情がどっと溢(あふ)れてきたんです。悲しい気持ちも、ほっとしたという気持ちも、やっと終わったという気持ちもありました。とにかくいろいろな感情が込み上げてきてしまって……」

トップリーグに向けて

’20年1月からはいよいよトップリーグが開幕。キヤノンイーグルスのSOとして、田村の新たな戦いが始まる。

「W杯は自分がいままでに経験した中で一番大きな舞台でした。そんな大舞台だからこそ、本当に自分の”本気”を出せたと思います。ステージが大きいほど燃えるタイプなんですよ。だから終わってしまって次の目標は? と聞かれたときに何もないんです。非常に焦ってます(笑)。もちろんトップリーグで日本一になるという目標はあります。日本一はなったことがないですから。いまのチームはそういった大舞台に立ったことのない選手ばかりなので、チームをいい方向に持っていければと思っています」

W杯でともに戦ったチームメイトと、今度は敵として勝負する。田村がどんなプレーを見せてくれるのか注目である。

最後の南ア戦が終わったときは 皆の涙を見て感極まりました

今シーズンから、新たに同じキヤノンに加わった代表SHの田中史朗と。他チームにはかなりの脅威である
チーム練習で、大声をあげて若手に指示を出す。練習中は時折、険しい表情を見せていた
チームでの練習が終わった後も、チームの得点源であるキックの練習を、一人黙々と繰り返していた
「W杯ベスト8の経験を生かせたら」と語る田村。どんなプレーを見せてくれるのか楽しみだ
本誌未掲載カット 田村優 W杯ベスト8を達成したスタンドオフが、激闘の舞台裏、新たな抱負を語る独占インタビュー
本誌未掲載カット 田村優 W杯ベスト8を達成したスタンドオフが、激闘の舞台裏、新たな抱負を語る独占インタビュー
本誌未掲載カット 田村優 W杯ベスト8を達成したスタンドオフが、激闘の舞台裏、新たな抱負を語る独占インタビュー
本誌未掲載カット 田村優 W杯ベスト8を達成したスタンドオフが、激闘の舞台裏、新たな抱負を語る独占インタビュー 今シーズンから、新たに同じキヤノンに加わった代表SHの田中史朗と
本誌未掲載カット 田村優 W杯ベスト8を達成したスタンドオフが、激闘の舞台裏、新たな抱負を語る独占インタビュー
本誌未掲載カット 田村優 W杯ベスト8を達成したスタンドオフが、激闘の舞台裏、新たな抱負を語る独占インタビュー
本誌未掲載カット 田村優 W杯ベスト8を達成したスタンドオフが、激闘の舞台裏、新たな抱負を語る独占インタビュー
本誌未掲載カット 田村優 W杯ベスト8を達成したスタンドオフが、激闘の舞台裏、新たな抱負を語る独占インタビュー
本誌未掲載カット 田村優 W杯ベスト8を達成したスタンドオフが、激闘の舞台裏、新たな抱負を語る独占インタビュー

『FRIDAY』2020年1月10・17日号より

  • 撮影濱﨑慎治

Photo Gallary14

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事