ビーチバレー坂口佳穗「東京五輪で輝きたい」代表有力候補の魅力

もう「人気先行」だなんて言わせない――その目は世界を見据えていた

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
坂口佳穗「東京五輪で輝きたい」ビーチバレー日本代表有力候補に密着インタビュー 撮影:LUCKMAN ヘア&メイク:萩村千紗子

寒さが身に染みる東京湾沿いのビーチに、猛練習に励む一人の女性アスリートの姿があった。彼女の名は坂口佳穗(23)。東京五輪出場有力候補のビーチバレー選手だ。高校時代、大手芸能事務所でタレント活動をしていた坂口。その美貌がマスコミに取り上げられ、「人気先行」と言われることもあったが、着実に実力を上げ、’18年にはマイナビジャパンツアーで初優勝を果たした。

「昔は、容姿だけ注目されて、実力が追いついていないことが嫌でした。でも、最近気づいたんです。私が注目されることでビーチバレー界も盛り上がるし、何より自分の練習環境がすごく整うなって。

私は大学からビーチバレーを始めたので、人一倍の練習が必要でした。そんな状況でも、アルバイトとかしなくても生活できて、ビーチバレーに集中できたのは、注目されたことでスポンサーがついてくれたから。ありがたいことです」

坂口は競技の魅力についても語った。

「ビーチバレーって、監督もコーチもいなくて、コートにはパートナーと自分の二人だけ。大変だけどやりがいがあって面白いんです。パートナーとはトイレとお風呂以外はずっと一緒。実は、昨年ペアを組んでいた鈴木悠佳子選手とは解散して……。今のパートナーの村上礼華選手は年下なので、私がしっかりしなきゃと思っています」

最大の目標は’20年5月に開催される日本代表決定戦。この試合で優勝すれば東京五輪の出場が決まる。

競技中は水着になるため、Tシャツの日焼けあとができないよう普段から気を付けている坂口佳穗
「パートナーの礼華が得点を決めたとき、全身で喜びを表現しているので注目してください!」と坂口佳穗
お酒を飲むのが好きな坂口佳穗は、パートナーの村上と二人で飲んで、歌いながら帰ったこともあるという 撮影:LUCKMAN ヘア&メイク:萩村千紗子
雨などでビーチコートが使えないときも、ランニングやジムでのトレーニングは欠かさない坂口佳穗
Sakaguchi Kaho 23歳 T173 マイナビ/KBSC所属。’13年10月に父と大会を観戦し、ビーチバレーに魅了される。’14年に本格的に競技を始め、’18年にマイナビジャパンビーチバレーボールツアーで優勝を飾る
本誌未掲載カット 坂口佳穗「東京五輪で輝きたい」ビーチバレー日本代表有力候補に密着インタビュー
本誌未掲載カット 坂口佳穗「東京五輪で輝きたい」ビーチバレー日本代表有力候補に密着インタビュー

『FRIDAY』2020年1月10・17日号より

  • 撮影LUCKMANヘア&メイク萩村千紗子

Photo Gallary8

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事