小泉進次郎 不倫報道の相手実業家が大炎上でビジネスにも影響か

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
自分の友人と不倫関係だった進次郎を、滝川クリステルはどう思っているのだろうか……

‘19年末に「週刊文春」が報じた、小泉進次郎環境相と既婚女性との不倫疑惑。記事によれば、政治資金を使い軽井沢のホテルにて2人で過ごした疑いがあるという。相手は小泉の妻である滝川クリステルと友人である実業家のA子さんだ。

「‘13年にA子さんと滝川さんは雑誌で対談をしています。その後、A子さんは‘15年に進次郎さんと不倫関係に発展。小さい子供を実家に預けながらも進次郎さんと密会を繰り返していたそうです。A子さんは進次郎と再婚したいと思い離婚しましたが、それを疎ましく思った彼はA子さんをあっけなく捨てた。その後、滝川さんとデキ婚を発表するとA子さんはSNSに滝川さんとの2ショット写真を上げ、“滝川クリステルさんおめでとうございます”と祝福したんです。進次郎さんはゾっとしたでしょうね」(スポーツ紙記者)

しかしこの不倫騒動はほとんどテレビや新聞では報じられていない。

「文春も年末の特大スクープを出した割には、マスコミから記事使用申請はほとんどなかったのでガッカリしたそうですよ。関西のワイドショー1番組が取り上げただけで、他は自民党への忖度なのか全国的にスルーしたようです」(女性誌記者)

さらにA子さんもただの実業家ではなかったようだ。

「A子さんはある大手芸能事務所に所属しているんです。だからマスコミはそちらにも忖度した。実際A子さんの不倫疑惑に対する問い合わせが来ても、事務所サイドは“一切コメントしない。A子さんを扱うな”と言ったようですよ」(ワイドショー関係者)

しかしこのSNS全盛の時代、簡単に“無かったこと”にするのは不可能に近い。A子さんの写真がボカシ入りで文春に掲載されたことにより、ネット上ではすぐに特定されてしまったのだ。

「A子さんのツイッターは今、荒れまくっています。ツイッター上にリンクしてあるコラムには“娘が6歳になりました”などと子煩悩アピールをしていたのですが、“母親の不倫で両親が離婚したと聞いたら、娘はどんなに傷つくか”“不倫に国民の税金とは…”などとツイッターに書き込まれ大炎上。中には滝川クリステルの有名な“おもてなし”の写真が貼られ“ろ・く・で・な・し”とバッシングされている始末です」(前出・スポーツ紙記者)

A子さんはジュエリーブランドや経営コンサルなどもしており、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞したことも。まさに“超やり手”経営者だ。

「あの報道からはツイッターもコラムも一切更新できず、ビジネスにもかなり影響が出ているように感じられます。そもそも不倫して家族を捨てた人間が作ったジュエリーを自分の大切な人に贈ろうと思う人がいるでしょうか。彼女は『エシカルなものづくり』を謳っているのですが、エシカルとは“倫理的”とか“社会的な模範”という意味。夫や子どもをないがしろにして不倫していたとしたら、まさに顧客を裏切っていることになりかねないでしょう。所属事務所もクリーンなイメージで売っているタレントばかりなので、時期を見て契約を解消する可能性もありますよ」(同・スポーツ紙記者)

一方、小泉環境相は週刊誌報道を受け、会見で「個人の事柄と政治資金の事柄があると思うが、個人の事柄については、私からお話しすることはありません」と答えた。また「政治資金の使用はないと理解しています。事務所にも確認し、法令に従って適正に処理していると認識している」と、用意された紙を読みながら潔白を主張した。

英紙タイムズは1月2日、今年注目するべき世界の20人に小泉環境相を選んだ。今後は恥ずべきことで注目されなければいいが……。

  • PHOTO田口利勝

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事