相模原45人殺傷 植松被告「背中に入れた般若と虎の入れ墨画像」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
「脱法ハーブを使っている」と話していた植松被告。相模原市内のバーでは顔にペイントした妙な姿を友人に撮らせていた

法廷は一時騒然となった――。

’16年7月に神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害し26人に重軽傷を負わせたとして、殺人などの罪に問われている植松聖被告(29)が横浜地裁で暴れたのだ。1月8日の午前11時過ぎから始まった裁判員裁判で、裁判長から起訴内容に間違いないかと問われ「間違いありません」と答えた植松被告。弁護側が無罪を主張すると突然「皆さんに深くお詫びいたします!」と大声を上げ、両手首を口元に持っていき噛むような仕草を見せたのだ。

「刑務官4人に『やめなさい!』と取り押さえられても、手足をバタつかせ暴れていたようです。最終的に裁判長が退廷を命じ、裁判は一時中断。午後1時過ぎになって再開されたんです」(全国紙社会部記者)

事件は凄惨なモノだった。深夜、施設に侵入した植松被告が、ナイフと菜切り包丁で入居者たちをメッタ刺し。通報を受けた津久井消防署の署員たちがかけつけた時には、床一面が血の海で「ううう……」という苦しそうな声があちこちから聞こえてきたという。

植松被告は相模原市内の公立小、中学校を卒業後、八王子実践高校(東京都八王子市)に進学。様子がおかしくなったのは、帝京大学教育学部に進学してからだという。幼ななじみのA氏が語る。

「着るモノがどんどん派手になっていきました。成人式には赤紫色の紋付袴姿で現れてね。『脱法ハーブをやっている』とも話していました。大学ではサークルにも入らず『相模原の彫り師のところに弟子入りしたんだ』とも語っていましたよ。『入れ墨を入れているの?』と聞くと、上半身裸になるんです。背中には般若の顔、両肩には鯉や虎の絵が彫られていました」

植松被告のツイッターにアップされていた入れ墨画像。働いていた障害者施設にバレ問題になったという書き込みもあった

戦後最悪の大量殺人事件を起こした植松被告。弁護側は刑事責任能力が失われていたと主張する。判決は3月16日に言い渡させる予定だ。

’15年夏、神奈川県内の海岸で撮影した画像。植松被告の右肩には虎、左肩には鯉がほられている。アルコールはどんな種類も好んで飲んだとか
成人式での写真。知人によれば、鼻と目の形状を整形したという

Photo Gallary4

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事