ロンブー亮は復帰も宮迫はメド立たず。芸能通が見る‘20年の吉本

芸能座談会2020

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

‘19年の「新語・流行語大賞」ベスト10にノミネートされた『闇営業』。まさに、昨年の芸能界を代表する出来事のひとつであった。

FRIDAYのスクープに端を発した闇営業問題は、「雨上がり決死隊」宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」田村亮の謝罪会見により、吉本興業と芸人の契約問題にまで発展。年が明けても、その問題はくすぶり続けている。今回は、テレビ、スポーツ、雑誌の芸能記者があらためて闇営業のウラ側に迫り、2020年の芸能界について議論を交わした。

闇営業問題について、FRIDAYの直撃取材に答える宮迫。いまだに復帰のメドはついていない(‘19年)

 

荒木田範文(FRIDAYデジタル芸能デスク) 闇営業問題で謹慎していたロンブーの田村亮が1月10日に活動再開を発表。30日には相方である田村淳とのトークライブが開催されることが決まりました。

スポーツ紙記者A氏(芸能記者歴15年) 亮のバックアップをした淳が本当に上手でした。SNSなども一切やらせずに、謹慎中は本当に大人しくさせて表には出さなかった。その間に吉本の幹部と交渉し、2人で立ち上げた個人事務所とエージェント契約を結ぶことで復帰の道筋を立てさせた。淳がいなければ復帰が遅れていたどころか、芸能界に戻れなかったかもしれない。

ワイドショーディレクターB氏(芸能担当歴10年) 一方の宮迫は明石家さんまさんの個人事務所での“預かり”になったことで安心したところがあったのでしょう。1月にさんまさん主演の舞台で復帰することを吹聴したことで、マスコミにバレてしまった。サプライズにならないため、復帰計画はご破算になってしまいましたね。

A氏 TBS系で淳が司会で1年後のことを予想する番組『クイズ☆正解は1年後』が昨年12月に放送されましたよね。そこで亮が年末復帰するかもって報じるところもあった。結局しないんですが、そうしたらTBSに「まさか宮迫まで復帰させへんやろな」って電話が50件くらいかかってきたらしいですよ。亮はいいけど、宮迫はアカンやろと。

荒木田 やはり宮迫さんに対する世間の風当たりはまだ厳しいと。でも、なんでさんまさんは彼を助けるために手を挙げたのでしょうか?

B氏 さんまさんは、単純に宮迫の置かれている立場をかわいそうと思ったんでしょう。宮迫の「闇の部分」を全部知った上で、でも復活させたいって言っていたらしいです。

A氏 やめた方がいいよなぁ。ただ、さんまさんって芸能マスコミが足元に及ばないくらい、すごく取材する人なんですよ。主に六本木のキャバクラで。ホントよく取材してんのよ。それで情報集めてる。だから過去に娘であるIMALUが付き合ってる彼氏がいたんですが、そいつの悪い噂をキャッチしたらしく電話して引導渡したそうですもん。取材して知ったんでしょうね。そういう情報をとても詳しく知ってるんですよ。

B氏 吉本の中では『宮迫リスク』って呼んでいる。だから、さんまさんも自身の個人事務所に所属じゃなくて、「預かる」って言い方をしているのは、そのせいらしいです。

A氏 宮迫は吉本に“戻る、戻らない”の段階ではなくて、もう絶対戻れない。宮迫も戻るのはイヤだろうけど、吉本側がリスクを負う気はないから。その意味では亮は別なんですよ。

佐々木博之 でも亮に対しても吉本は怒ってるんじゃないの?

A氏 いや、そうでもないんですよ。亮は違うんですよね。

B氏 吉本は亮のことは淳に完全に任せて、淳に気分良くやってもらえたらいいと思っているんですよね。だから2人で会社を作って、エージェント制で復帰させたんですよ。

A氏 亮と宮迫では怪しさが違うんですよ。亮は本当に何も無い。宮迫にたぶらかされてたんですよね。宮迫は、大手パチンコ会社と繋がっているので、芸能界復帰が厳しいとなったら、パチンコ営業なんかをやっていくんじゃないですかね。

荒木田 吉本と言えば、昨年は闇営業問題だけではなく、「チュートリアル」徳井義実の税金“無申告”問題も世間を騒がせましたね?

A氏 徳井の件は昨年6月くらいに読売新聞が当てていたらしいです。ただ、大したことない額って感じの扱いで、その後にフジテレビとTBSが動き始めたんですよ。で、TBSがちゃんと取材して、うちにも話が回ってきた。だから吉本は知ってたんですよね、そもそも。隠そうと思ってたっていうか、“バレなきゃそれでいいや”くらいのノリでやってたんでしょうね。そんで、関西テレビが第一報を打ったら大炎上しちゃった。でも、世間に話が出た時は追徴金などは払い終わってましたからね。もっと言っちゃうと、マルサも動いてなくて、世田谷税務署がやっただけだから。事件としては“しょぼい”レベルなんですよ。

佐々木 隠してたわけじゃなくて、申告漏れという扱いなんでしょうね。所得隠しを指摘、とはなっているけど、隠してたんじゃなくて、そもそも申告してなかったから。

B氏 無申告はまだマシって言ったらアレですけど、所得隠しはさらにヤバイ。重加算税取られるってちょっとやそっとじゃないと。相当悪質でないとならないですから。

A氏 重加算税はついたけど、脱税にならなかったのは「そうですか、ごめんなさい」って、普通にコミュニケーションできてちゃんと応じたからです。悪質なんだけど、極度にルーズだっただけということでしょうね。

B氏 ただ、テレビ局的に言えば、番組スポンサーが嫌がると思いますよ。脱税ではないけど、税金払っていないっていうのは。次元を超えたルーズさなのは分かるんだけど。視聴者も払ってるわけだからね。

A氏 吉本としては、とりあえず今年の確定申告をちゃんとやらせてからということでしょう。なんでも、吉本と同じ税理士を付けて申告させるみたい。まあ、監視する意味もあるんだろうね。春頃の復帰を目指してるんだろうけど、ルミネとかの舞台から再スタートさせるのかな。

荒木田 でもびっくりしたのは、徳井が出ていた『人生最高レストラン』の後任がエージェント契約第1号の「極楽とんぼ」加藤浩次だったこと。

B氏 加藤はTBSに強いですからね。ただ、大河ドラマ『いだてん』(NHK)での徳井の演技はよかったんですけどね。

A氏 安藤サクラを食ってましたもんね。もったいないよなぁ〜。

荒木田 田村亮に続いて春にでも復帰しそうなのが徳井。宮迫に関しては、復帰のメドがまだまだついてないようですね。今年こそは吉本興業にとっては、穏やかな1年となるのでしょうか。それとも……。

  • 撮影等々力 純生

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事