交通費カットは「宮迫のせい」? 吉本芸人を追い込むギャラ改革

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
「闇営業」問題を受けて会見を開いた吉本興業の岡本社長。しどろもどろになりながら芸人へのパワハラを否定し、「芸人ファースト」と連呼

「宮迫! 君のせいで1月から全吉本芸人、交通費が全面カットになりました」

お笑い芸人の東野幸治(52)が『マルコポロリ!』(関西テレビ)で嘆いた通り、吉本興業所属の芸人たちが苦境に立たされている。昨夏、本誌が報じた『雨上がり決死隊』の宮迫博之(49)らの「闇営業」問題は吉本と所属芸人の契約問題にまで波及。ギャラの配分の開示や、これまで口頭で済まされていた契約について、書面を作成するなど、契約形態の改革が進んだのだが、その余波で芸人たちの交通費がカットされることになったのだ。

「飛行機や新幹線など遠距離の交通費は出るんですが、タクシー代がカットされることになりました。」(中堅芸人)

売れっ子や『M-1』王者クラスの芸人は昨年11月ごろから交渉が始まり、その他の若手らには12月に開かれた説明会で新契約形態について話があった。

「12月上旬に数回に分けて行われました。提示されたのは『専属エージェント』契約、『専属マネジメント』契約、そして『これまで通り』という3つの契約形態でした」(吉本興業関係者)

『専属エージェント』は自由に仕事を取ってきてOKだが、ギャラの3割を吉本に納めるシステム。マネージャーのギャラや不祥事などで発生した違約金は自己負担となる。『専属マネジメント』と『これまで通り』は、どちらも従来通りの契約だが、前者が5年更新なのに対し後者は毎年の更新となるのだという。

「『専属マネジメント』と『これまで通り』を選んだ芸人のギャラの取り分は5割。テレビと企業営業に関してはギャラ総額を開示する――となっているそうです。ただし、それ以外の吉本主催のお笑いイベントや学園祭のような営業に関しては、金額は非公開なんだとか。もとの額がわからないので、本当に取り分が5割なのか確認しようがない。テレビや企業営業の仕事がまわってくる芸人なんて全体の数パーセントしかいませんが、最寄り駅から遠い営業先は山ほどありますし、深夜の移動も多いから、タクシーは欠かせない。ギャラよりタクシー代のほうが高く、働くほど赤字がかさむ芸人が続出しています」(前出・吉本関係者)

昨年、首都圏で行われたあるお笑いのイベントには『チョコレートプラネット』や『トレンディエンジェル』、『EXIT』ら売れっ子9組が出演。1500人近くを集客したが、ギャラは9組すべて合わせて30万円程度だったという。

「入場料、スタッフの数、会場使用料を考えると儲けの5割を支払っているとは思えませんね」(イベント会社スタッフ)

現在、吉本と専属エージェント契約を結んだことが明らかになっているのは、『極楽とんぼ』の加藤浩次(50)と、『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮(48)のみ。

「他の事務所に移籍したい、と会社に相談したある若手芸人は『別にエエけど、これまで通り活動できると思っとるんか?』と暗に圧力を匂わされたそうです。数年前に移籍した若手のなかには古巣からネガティブ情報を流されたり、共演拒否を示唆されたりしたヤツもいたんだとか……」(前出・中堅芸人)

吉本の岡本昭彦社長(53)が掲げた「芸人ファースト」からはほど遠い状況だと言わざるをえない。

『FRIDAY』2020年2月7日号より

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事