拾う神あり!? 東出&唐田に木下優樹菜『引退危機』3人の今後

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
カンヌ映画祭で笑顔を見せる東出と唐田。このときにはすでに不倫関係にあったようだ(‘18年)

年明け早々、一撃必殺のスキャンダルが直撃し、3人の芸能人が退場となりそうだ。

まずは現在、大炎上中の東出昌大と不倫相手の新進女優・唐田えりか。東出は妻で女優の杏が第3子を妊娠中の3年ほど前から唐田と不倫関係を続けてきた。途中、杏は何度も浮気の証拠を突き付け、その都度、東出は釈明し。1度は唐田との関係を清算したようだが、そう簡単には関係は終わらなかったようだ。

結局、今年1月に東出の方から唐田に“復縁”を持ち掛け、それが杏にバレたことで「ジ・エンド」。東出は2億円と言われる自宅から追い出され、都内のマンスリーマンションで暮らすことになった。

「別居直後に『週刊文春』の記者から直撃を受け、東出の不倫と別居が大々的に報じられました。別居してすぐに自宅が知られ、取材を受けるなんて、よほど精密な情報がなければありえません。業界では杏本人、もしくは彼女に極めて近い人物から文春に情報提供があったとウワサされています」(スポーツ紙記者)

東出も唐田もあまりに詳細な文春記事を見て、杏がどれほどお怒りか察したのだろう。発表したコメントはともに記事内容を認め、謝罪するという全面降伏に近かった。

こうなると、今後の事後処理が気になるところだ。良きパパのイメージが吹き飛んだ東出は契約中のCM4社から契約解除を突き付けられ、うちフジ住宅からは「損害賠償する」とまで言われているという。

「ほかの3社も残りの契約期間から日割り計算して、違約金を請求する流れになると思います。億には届かないとは思いますが、数千万円の負債を抱えることは確実でしょう」(同・スポーツ紙記者)

スタートしたばかりの主演ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24』(テレビ朝日系)も視聴率に関係なく、番組スポンサーが渋い顔をしており「1~2話カットして放送期間を短縮する可能性が高い」(テレビ局関係者)。もはや東出は“事故物件”扱いされており、今後テレビで姿を見る機会は激減しそうだ。

お相手の唐田に至っては、レギュラー出演する連ドラ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)を降板。決まっていた4月スタートの日本テレビ系ドラマ『ミッドナイト・ランナー』の放送も流れてしまったという。

「唐田は、SNSでの数々の“匂わせ行為”が世の女性の反感を買い、東出以上に大炎上しています。第2の活動拠点である韓国でも、今回のスキャンダルに対する論調は厳しい。事務所も売り出しに力を入れていましたから、これからという時に自滅した形ですね」(女性誌記者)

一方、昨年後半の“タピオカ騒動”以降話題の絶えない木下優樹菜にも動きがあった。芸能リポーターの井上公造氏が27日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で「引退する方向で話が進んでいる」と明かしたのだ。

一連の騒動に加え、最近は元サッカー日本代表の乾貴士選手との不倫疑惑も報じられ、好感度という点では再起不能になってしまった。

致命的なスキャンダルを犯せば、再チャレンジする機会も失ってしまうのが、昨今の芸能界。今後3人はどうなってしまうのか?

まだマシなのは木下だというのは、ある大手芸能プロの関係者だ。

「事務所の功労者なので、休業中も事務所から固定給が支払われているそうです。貯蓄にも余裕がありますし、もし引退場合の転身先も事務所がある程度面倒をみると聞いています」

東出と唐田はと言うと、ホヤホヤのネタだけに予断を許さない状況が続くが、

「唐田に関してはまだ若いことと、知名度がそれほどでもなかったことが、幸いした部分はある。前途は多難だが、しばらくしてイチからやり直す手はある」(同・芸能プロ関係者)

シャレにならないのは東出だ。

違約金に加え、テレビ各局では出演NGリストの最上位に名を連ねている。だったら、目先を変えて、「雨上がり決死隊」宮迫博之のようにユーチューバーデビューもアリだが、

「何せ本人が全く喋れない。これまでの番組トークには台本がありました」(前出・テレビ局関係者)

とのこと。残された道は、再びモデルとして地道に活動していくしかない。ファッション誌編集者は、次のように話す。

「ファッション誌の中には、ある種の話題作りで東出を起用するところは出てくるかもしれません」

しかし、実現したとしてかなり先のこと。いまはそんなことを考える余裕はないはずだ。

  • 写真AFP/アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事