小島一朗容疑者を東海道新幹線殺傷事件に駆り立てた“殺人願望”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

小島容疑者が6歳の時に自宅で撮られた写真。愛知県一宮市で生まれ、中学ではいじめが原因で不登校に。卒業時には進路をめぐり父親と言い争い没交渉になる

「一朗は自分の犯した罪について反省していません。(警察の取り調べに対しても)謝罪の言葉を述べていないんです」

6月9日に東海道新幹線内で突然ナタをふるい乗客3人を殺傷した、小島一朗容疑者(22)の父親が話す。

小島容疑者は容疑を認めているが、動機については「むしゃくしゃしていた。死刑はイヤだが無期懲役ならいい」と供述。横浜地検小田原支部(神奈川県)は7月13日から4ヵ月の予定で、責任能力の有無を判断するため小島容疑者を鑑定留置している。父親が続ける。

「8月に入り担当の医師と電話で話しましたが、一朗は『家族にご飯を食べさせてもらえなかった』と支離滅裂なことを言っているそうです。事件発生直後には、私と母親、祖母の3人で小田原警察署に面会に行きました。女性警察官が面会室のドアを開けると、そこに一朗がいた。でも一朗は即座にドアを閉め面会を拒否。翌日も面会を申し込みましたが、『誰とも会いたくない』と警察官に伝えたそうです。差し入れの下着や現金3万円、送った手紙も受け取りを拒否されました。警察には『親子の縁を切られた』など、家族への恨みつらみを話しているとか……。なんでも人のせいにする性格は、昔からまったく変わっていません」

父親は被害者の冥福を祈り、毎日仏壇に手を合わせているという。

「一朗がどうしてあんな事件を起こしてしまったのか、ハッキリした理由がわかりません。『ボクは悪くない』と話しているそうです。一緒に被害者や遺族の方に謝ることができるようになるまで、私たち家族も前に進めません」

小島容疑者は現在、担当医に「昔から人を殺す願望があった。刑務所に入りたかった」と話しているという。

送検された小島容疑者。「社会に恨みがあった」と供述している

撮影:蓮尾真司、丸山武久

関連記事

新潟小2少女殺害犯・小林遼被告の反省なき日々と遺族の慟哭

「ボクは悪くない」 小島一朗容疑者を東海道新幹線殺傷事件に駆り立てた“殺人願望”

【目黒発】船戸結愛ちゃん5歳を殺した義父・雄大容疑者に大麻&危険ドラッグ常用疑惑

実弟を殺害 足立朱美容疑者が若い男と写るフェイスブック画像

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事