門脇麦 大河ヒロインが見せた初「豆まき」での艶姿

目撃!ハリコミ24〈成田 11時35分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
大本堂前で参拝客に向かって豆をまく門脇麦。この日だけで5万人以上もの人が集まったという

節分の日、千葉県・成田市の成田山新勝寺では、毎年恒例の豆まきが行われていた。タレントでは、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で主役の明智光秀を演じる長谷川博己(ひろき)(42)、光秀の正室役の木村文乃(32)、斎藤道三役の本木雅弘(54)らが参加。なかでも参拝客の視線を集めていたのが門脇麦(27)だった。最初は緊張のせいかぎこちなかったが、木村からアドバイスを受けたようで、後半では大胆に手を振り、笑顔で豆をまいていた。

「門脇が演じる駒は、架空の人物ながら、光秀と深くかかわる重要な役柄で、ヒロインといっても過言ではありません。駒は医師の助手なので、薬草の名前も多く出てくるのですが、門脇はもともと野草に興味があったので難なく覚えられているそうです。実は彼女、アウトドアが大好きで、山登りをしたり釣りをするのが趣味なんだとか」(芸能プロ関係者)

視聴率も好調で、ドラマへの期待度を表すかのように参拝客からの歓声も大きかった。豆まきで作品にさらなる福を呼び込むことができるか。

本誌未掲載カット 木村文乃 成田山新勝寺で大河ドラマ『麒麟がくる』の出演メンバーと豆まきに参加
本誌未掲載カット 門脇麦 成田山新勝寺で大河ドラマ『麒麟がくる』の出演メンバーと豆まきに参加
本誌未掲載カット 長谷川博己 門脇麦 木村文乃 大河ドラマ『麒麟がくる』の出演メンバーで成田山新勝寺での豆まきに参加

『FRIDAY』2020年2月21日号より

  • 撮影鬼怒川 毅

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事