ブラジル移籍の本田が1億円超える経済効果~開幕前からフィーバー

ユニフォームがバカ売れ、記念ビールが作られ、「本田サンバ」も作詞され……

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ファンからの期待は日を追うごとに高まっている。本田圭佑自身も「数年ぶりのプレッシャーを感じている」と語った

ブラジル在住のフットボールライター・沢田啓明氏が言う。

「いまリオに行くと、日本人というだけで『ホンダ、ホンダ』と話しかけられ、写真を撮ってくれとせがまれます(笑)。クラブのフロント陣も『本田効果』には大いに期待していますね。実際、1月末時点で2万人だったソシオ(クラブ会員)が急増。2月末には倍の4万人に到達する勢いです」

ブラジルの名門『ボタフォゴ』へ入団した本田圭佑(33)の人気が止まらない。2月11日には、練習に初参加したが、「練習後にごみを拾って帰り、練習着もキレイに畳んでいた」とチーム関係者が絶賛。それがSNSで広がり、「生活態度まで素晴らしいのか」と、ファンからの評価はうなぎ上りだ。そんな状況だから当然、本田関連グッズもバカ売れしているという。

「本田のネーム入りユニフォーム(約8000円)は2パターン発売されていますが、ずっと売り切れ状態が続いています。スタジアムの外では海賊版のユニフォーム(約800円)も売られていますが、こちらを着ている人もよく見かけますね。さらに、2月8日のお披露目会の際には、クラブのスポンサーである『ブラマビール』が日本語表記の『ホンダ特別バージョン』のビールも販売。売り上げ上昇が見込まれています。他にも、本田の顔写真入りのポップコーンや顔写真入りのコップもよく売れているみたいです」(ブラジル在住のフットボールライター・大野美夏氏)

現地メディアによると、ユニフォームのみの売り上げが、入団からわずか10日で約2500万円に上るという。もろもろの関連商品を鑑みると、どんなに少なく見積もっても経済効果は1億円を超えるだろう。

多額の借金を抱えるクラブからすれば、リーグ戦開幕前から本田はすでに「救世主」だ。だからこそ、クラブ側も本田に最大限の配慮をしているという。

「本田は『東京五輪出場が目標である』と公言していますが、現状では代表招集は難しいでしょう。『ボタフォゴ』側もそれはわかっていて、クラブの副会長が直々に『我々が東京五輪に本田を連れて行く』と発表しました。『活躍して五輪代表に招集されて、ボタフォゴを出ていくことになってもいい』とまで言っているんです」(前出・大野氏)

33歳の本田は、ファンとクラブからのかつてない期待に応え、キャリアの集大成を飾れるか。

スタジアムで販売される顔写真入りポップコーン
ブラジルで起きている「漢字ブーム」と相まって日本語ユニフォームがバカ売れ中
2月8日のお披露目会では顔写真入りのコップを購入するファンも多く見られた
クラブのスポンサーである『ブラマビール』が本田圭佑入団を記念して作った「日本語表記ビール」もお披露目会で販売された

 

『FRIDAY』2020年3月6日号より

  • 撮影大野美夏

Photo Gallary5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事