「日大アメフト事件」宮川泰介くん 正々堂々、チャリンコ通学

内田正人前監督、田中英壽理事長はコソコソ隠れたままなのに

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

6月上旬から登校を再開。講義の合間には、キャンパスの外に出て、友人らと屈託なく笑い合う姿もあった

「一番の問題は、責任の所在が明らかではないことです。新監督の公募を発表しましたが、誰が主導しているのかがまったくわからない。誰が何を目指しているのか。日大がこれを明確にしない限り、解決への方向性すら見えません。監督やコーチを除名にして終わりではないんです」(スポーツライターの玉木正之氏)

6月下旬の午前10時頃、東京・三軒茶屋の緑のなかを体格の良い若者が自転車で走り抜けていった。上り坂をまるで平坦な道のようにスイスイと進み、「日本大学三軒茶屋キャンパス」へ入っていったのは、同大3年の宮川泰介君(20)だ。

関西学院大学との定期戦で起きた、前代未聞の「危険タックル事件」から約2ヵ月。事件の当事者として5月22日に謝罪会見を開いた宮川君が、日大へ再び登校を始めていた。同級生が語る。

「宮川は6月の2週目くらいに大学に戻ったようです。会見の前夜、クラスメイトのグループLINEに『ご心配をおかけして申し訳ありません』という投稿があったのを最後に、宮川とは連絡が取れなくなっていたので、また学校に来てくれて安心しましたよ。出席を取る教授から『宮川』と呼ばれ、『ハイ!』とはっきり返事をしていましたし、元気そうでした。仲の良い友人と雑談して笑顔も見せていましたし、講義の合間に外に昼食に行ったりもしています」

日大側としては、このまま宮川君が大学から去ってくれることを密かに願っていたことだろう。そうすれば、タックル事件は世間から忘れられ、いまだ指示したことを認めていない日大アメフト部前監督の内田正人氏(62)への追及も弱まり、ひいては田中英壽理事長(71)の責任もウヤムヤになるからだ。関東学連や保護者らが早期の調査を求めているなか、設置から1ヵ月近くが経っても一向に日大の第三者委員会が結果を発表しないのも、同様の理由からだろう。

内田氏は5月23日に会見を開いた後、「心労」を理由に日大の関連病院へ入院。田中理事長にいたっては、いまだ会見すら開かず雲隠れを続けている。

「6月15日に開かれた日大校友会常任委員会に出席した田中理事長は、『(会見すれば)ただ笑いものにされて、利用されるだけなんです』と語った。このまま隠れ続け、事件が風化するのを待っているのは間違いない」(日大関係者)

宮川君は大学への登校を再開しただけでなく、6月中旬には関東学連に「反省文」を提出し、事件の当事者として責任を果たそうと努めている。田中、内田の両氏とその態度は雲泥の差だ。

「とはいえ、警視庁は今回のタックル事件を傷害容疑でいまも捜査中。宮川君だけでなく、内田氏が罪に問われる可能性も十分にあります。そうなれば、田中理事長をトップとした経営体制の崩壊も免れないでしょう」(警視庁担当記者)

捜査への協力を含め、事件の本当の意味での解決のためには、宮川君の今後の動向も大きな意味を持つことになる。本誌は講義を終え、大学を出た彼を直撃。立ち止まり、笑顔は見せてくれたものの、

「僕からは何もしゃべれないんです」

と、語るのみだった。

ハタチの若者が正々堂々と学校に戻っているのに、コソコソと隠れ続ける大人たち。内田氏と田中理事長が真相を明らかにしない限り、事件は終わらず、日大の信用が回復する日も来ることはない。

本誌の取材に笑顔を見せてくれたものの、「何もしゃべれないので」と語り、宮川君は走り去っていった

本誌未掲載カット

撮影:結束武郎

Photo Gallary3

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事