普段使い時計を外し、中居正広が会見に着用した願掛けロレックス

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
自ら会見を仕切り、場を支配していた中居。左手首には最近見かけなかったロレックスの時計が輝いていた

「大安の日がいいかなと思ったりもしたんですけど、一昨日がうちの父が亡くなった日で、19日に合わせて登記した感じです」

元SMAPの中居正広が2月21日に記者会見を開き、ジャニーズ事務所を退所し、独立することを発表した。ポケットに故・ジャニー喜多川さんの遺骨を忍ばせ、会見に臨んでいた中居。2時間に及んだ会見は、「対応力がすごい」「プロデュース力がすごい」など、ネットからも芸能界からも称賛の声が相次いだ。

「会見で何を語るのか。元SMAPのファンは、中居くんの会見をみんな楽しみというか、不安というか、とにかく何を語るのか……という気持ちで見ていました。というのも、解散騒動があってから公の場で質疑応答にちゃんと応じるのは、これがはじめてだったからです。前日に“会見があるらしい”と聞いてからは、ずっとソワソワしていました」(中居のファン)

そんなファンの間でにわかに話題になっているのは、中居が会見の際に身に着けていた腕時計である。

「中居くんと言えば、シャネルの白い腕時計をつけているのがお決まり。でもこの日の会見では、ロレックスをつけていたんですよ。以前もたまにつけていたのですが、‘16年1月に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、陣内智則さんにプレゼントしたことを明かしていました。それからはシャネルやエルメスなどをよく見かけていたのですが……。ロレックスは久しぶりでビックリしましたね」(同・ファン)

以前はバラエティー番組でも登場したフランク ミュラーやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドをつけていたこともあるという。ファンがザワついたのは身に着けていた時計が珍しかったからというだけではない。意外な人物が愛用している時計といっしょだったからだ。

「木村(拓哉)くんが愛用しているのも、ロレックスのエクスプローラーⅠという種類のものなんです。中居くんの腕には少し大きそうにも見えました。ファンの間では“木村くんから借りてきたのでは?”“SMAPの絆すごい!”と話題になったんです」(同・ファン)

確かに、ブラックフェイスのロレックスを左腕に着けている中居。本誌が撮影した木村の写真を見ると、白い文字盤のものをつけている姿は確認できる。

昨年8月、ドラマ『教場』の打ち上げ会場を後にする木村は、白い文字盤の腕時計を身に着けていた

中居は会見で、木村との不仲説について問われると、「不仲でいいんじゃないですかね。別にいいんですよ。本人たちが分かっていれば」と言及した。この発言と時計によって救われたファンは少なくないようだ。

会見の後に控えていた『ニュースな会』(テレビ朝日系)の収録では、衣装はそのままであるのに対して、時計はトレードマークのシャネルに変わっていた。やはり、ロレックスには何かしら意味があったに違いない。

実は、中居が陣内にあげたロレックスは、とある人とおそろいだった物。その時計を今回の会見で身に着けていた可能性は高いのだ。

「’01年にお父さんの正志さんにロレックスをプレゼントしているんですよ。そのとき、自分もおそろいのものを買ったと言っていました。おそらくこれを陣内さんに譲ったんでしょうね。中居さんがプレゼントしたロレックスは、お父さんへの特注品。文字盤の裏に“Happy Birthday To パパ Fromひろちゃん”とメッセージを彫っていたそうです。お父さんはこのプレゼントをとても大事にしていて、夏の暑い日は“汗で錆びたら嫌だから”と身に着けなかったといいます」(番組制作スタッフ)

中居は3人兄弟の末っ子で兄2人とは年齢が離れていたため、両親からは特にかわいがられていたという。毎年、正志さんは年末の紅白歌合戦ではリハーサルから会場へ駆けつけて、取材でロビーにいる記者に囲まれることもあった。

ジャニーズでは家族がテレビ出演することはめったにないが、‘09年には『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の企画内で親子共演、‘12年にも『27時間テレビ』(同局)にも出演した。しかしその翌年、正志さんを病魔が襲う。

「中居さんは体調を崩したお父さんを支えるため、病院へシチューやおにぎりなどを作って持っていったと明かしています。正志さんは闘病生活に励んでいましたが‘15年2月19日にがんでこの世を去りました」(スポーツ紙記者)

葬儀を終えたあと、実家の仏壇にこのロレックスが遺影などといっしょに置かれていたようだ。これを見た中居は「使おうかどうか迷う、父を感じてしまうから」と語っていたこともあった。その時計と同じデザインのものを、中居はこの日つけていたのだ。

「ポケットにジャニーさんという育ての親の遺骨を、腕には正志さんという大好きなお父さんの時計を身に着けて、会見に臨んでいたのだと思います。それだけ、中居さんにとって、あの会見は大切なものだったのではないでしょうか。フタを開けてみれば大絶賛に終わった。もしかすると、2人のお陰だったのかもしれませんね」(前出・番組制作スタッフ)

冒頭の中居の発言によると、個人事務所『のんびりな会』を設立した2月19日は、亡き父・正志さんの命日。そんな父のロレックスを腕に会見に臨んでいた中居。彼の時計の針は、これからも止まることなく時を刻み続けるだろう。

  • PHOTO蓮尾真司(中居)、山田宏次郎(木村)

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事