二階幹事長 新型コロナで自粛ムードのなか高級中華で誕生会

2時間のほろ酔いバースデーパーティーを開催

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
店をあとにする二階幹事長一行。誕生会は2時間近くに及び、ピンクの華やかなネクタイを身につけた二階幹事長も終始上機嫌。ほろ酔い状態で会話を楽しんでいた|

新型コロナウイルスさえも、剛腕幹事長は政治の道具にしてしまうのか――。

2月20日夜9時半頃、東京・六本木(港区)の高級中華『中國飯店』から出る、自民党の二階俊博幹事長(81)の姿があった。そのすぐ後ろには、腹心の林幹雄(もとお)幹事長代理(73)や平沢勝栄(かつえい)議員(74)ほか、二階派の面々が10人近くズラリと並ぶ。

「この日は、3日前に81歳の誕生日を迎えた二階幹事長を祝うため、二階派の幹部と衆議院当選3回の若手で誕生会を催したそうです。秋元司議員や河井案里議員といった『問題児』は姿を見せなかったようですね」(全国紙自民党担当記者)

世間は新型コロナウイルスの蔓延で宴会は自粛ムードだが、専用の送迎車に乗る国会議員たちには対岸の火事のようだ。二階幹事長は上機嫌でセンチュリーに乗り込むと、夜の街へと消えた。

「二階幹事長は自民党議員から集めた200万円を支援金として中国政府に寄付するなど、アピールに余念がない。『国内より中国に気を遣うのか』といった不満が党内の一部議員からも噴出しているようですが、誰も絶大な影響力を持つ幹事長に面と向かって意見することはできません」(同前)

政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が今後の政局を語る。

「新型コロナ対策の不手際で日本経済は悪化し、安倍晋三政権の支持率は不支持率を下回った。この先、安倍政権の支持率が下げ止まらないなら、二階さんが安倍首相おろしに動く可能性もあります」

来(きた)る首相交代に向けて、派閥内部の結束を固めるための会合だったのだろう。二階幹事長にはその辣腕(らつわん)を、新型コロナ対策のために振るってほしいものだ。

二階幹事長は会派議員たちに笑顔を見せると、送迎車に乗り込んだ

『FRIDAY』2020年3月13日号より

  • 撮影西 圭介

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事