580億円を騙し取った「有名相場師」の哀れな最期

巨万の富を築き一世を風靡した相場師は家賃4万8千円のアパートで焼死していた

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
中江滋樹氏が契約していた葛飾区内のアパート。最寄りの駅からは徒歩20分ほど。一人で暮らしていたと見られる

かつて「兜町の風雲児」と呼ばれ、巨万の富を築いた有名相場師の最期は、実に哀れなものだった。

2月20日、東京都葛飾区のアパートで火災があり、身元不明の焼死体が発見された。部屋の契約者の情報などから、投資顧問会社「投資ジャーナル」元会長の中江滋樹氏(66)と見られる。

古くから証券業界を知る証券アナリストの植木靖男氏が言う。

「中江氏は’70年代後半から’80年代初頭にかけて、『儲かる』と評判の投資情報を喧伝し、一般の投資家からおカネを集めていました。そのカネで芸能人や政治家たちと派手に交際したため、知名度も上がり、それでまたカネが集まるという仕組みでした。

株の仕手集団『誠備グループ』を率い、中江氏と同じく『兜町の風雲児』と呼ばれた加藤暠(あきら)氏(故人)とも親しく、芸能界のみならず裏社会とも関係があった」

’84年には、本誌創刊前のテスト版と創刊号が中江氏とアイドルの「交際」写真を掲載して大きな話題となった。当時、人気アイドルだった倉田まり子氏が中江氏から「6700万円のお手当」をもらって自宅を購入したとの疑惑まで報じられていた。一方、「投資ジャーナル」には詐欺の疑いで家宅捜索が行われており、中江氏は海外逃亡中だった。

今から約8年前、中江氏本人が本誌記者にこう話している。

「フライデーに掲載された倉田まり子さんとの写真は、『パルム』という雑誌で彼女と対談した際にカメラマンが撮った記念撮影のものでした。当時の幹部社員が雑誌を出したいと言ってきたので、倉田まり子さんを創刊号で表紙にして、対談記事を載せるなら5000万円出してやるよと言ったんです。

赤坂の料亭で撮影して、ネガは会社の金庫に保管してあったはずなんだけど、海外逃亡中に誰かが持ち出したんでしょう。実際には愛人でもないのに、倉田まり子さんには申し訳ないことをした」

中江氏は結局、’85年に580億円を詐取したとして逮捕・起訴された。中江氏は当時のことをこう振り返っていた。

「私が逮捕されたのは、(悪徳商法で有名だった)豊田商事の永野一男会長が大阪・天神橋筋のマンションの一室で刺殺された翌日です。テレビカメラの前での殺人事件を許した警察への批判をカモフラージュするために、あのタイミングで逮捕されたのだと思っています」

ヤクザからの借金もあった

6年の実刑を受け、’92年に仮出所した後は、再び相場に手を出した。

中江氏の言葉を続ける。

「やがて、10人以上のヤクザの親分から計数十億もの借金を作ってしまったんです。思い悩んだ挙げ句、どうせ死ぬなら手元にあるカネを使い切ってから死のうとハワイに逃げました。日本に帰ってきた後も結局、ヤクザの親分とは会っていません。40億~50億円を作ったら持って行こうかとも思っているけれど。

 いま、おカネはほとんどありません。私の人生は相場がすべてですから、相場の研究をしているときが最も楽しい。そりゃ、おカネがあって愛人がいたほうが楽しいけど、重要なのは相場なんです。いまも少しだけ投資をしていますが、元金はとても小さい。ただ、投資金額の2~3倍くらいにはなっています」

結局、そこから資産を大きく増やすことはできなかったのだろう。一世を風靡した相場師は、家賃4万8000円のアパートで最期を迎えた。

’84年11月発売のフライデー創刊号より。中江氏は倉田氏のファンだった

『FRIDAY』2020年3月13日号より

  • 撮影蓮尾真司(アパート)

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事