GDP3兆円減?コロナで「日本企業連鎖倒産」という悪夢の現実味

株価急落 五輪もピンチ 事態が長期化すれば世界恐慌につながる可能性も

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

東京・銀座「歩行者天国」

天気の良い日ならば、まともに歩くことができないほど混み合う歩行者天国に、寂しい雰囲気が漂っていた|

平日早朝かと見間違う光景だった。

晴れ渡った2月23日日曜日の午後。東京・銀座の歩行者天国(中央通り)に着くと、あまりの人の少なさに驚いた(上写真)。しかも、これは東京だけではない。下の写真でわかるように、横浜や大阪の繁華街も同じような状況なのだ。

新型コロナウイルスが日本経済に大打撃を与えている。第一生命経済研究所・首席エコノミストの永濱利廣氏が言う。

「東日本大震災の後と似ています。もちろん状況は違いますが、日本中で『自粛』が広がり、外国人観光客も減り、日本人も外出を控えました。あのとき、中小企業を中心に倒産が相次ぎましたが、このままでは今回も同じことが起こりかねません」

東京商工リサーチが2月7日~16日に国内企業1万2348社に新型コロナウイルスの影響を調査したところ、66.4%が「すでに影響が出ている」「今後影響が出る可能性がある」と回答している。大阪府のバス・タクシー会社『日本城タクシー』の坂本篤紀社長が嘆く。

「弊社には10台の観光バスがありますが、日本人ツアーも大半がキャンセル。一週間に1台動くかどうかの状況です」

悪影響を受ける分野は、中国関連企業をはじめ、宿泊や運輸、小売り、レジャー、外食、旅行、イベント関連など多岐にわたる。前出の永濱氏が指摘する。

「日本経済へのダメージを試算すると、今年の前半で収束したとしても、GDP換算で2.9兆円減になります。もし東京五輪が開催されなければ、GDPの減少はさらに大きくなるでしょう」

経済ジャーナリストの松崎隆司氏も、こう危惧する。

「国内にウイルスが蔓延する状況が1年も続けば、出勤停止や工場閉鎖など経済活動全体に影響し、全産業レベルでシワ寄せがくる。2月26日の日経平均株価は、終値で前週末比960円安の2万2426円と下落しました。事態の長期化を懸念した結果だと思われます。このままだと大量倒産が起こる可能性は十分にあります。しかも、今回は発生源が経済大国の中国なので、世界的な大恐慌につながることも考えられます」

ウイルスからはもちろん、経済不況からも身を守る準備が必要になってきた。

神奈川・「横浜中華街」

連休中日の日曜午後、観光客で賑わう時間帯も閑散としていた。「この時期は近くの元町商店街がセール中で、去年は芋洗い状態だったんですけど……」(中華料理店店主)。横浜港が近いゆえに、風評被害が深刻

大阪・日本橋「黒門市場」

外国人観光客に人気の市場だけに人出は激減していた(2月23日)。「お客はピーク時の3割ぐらいでしょう。売り上げが1割に減ったお店もある。ツアー客はもともと少なかったので、周囲の商店街と比べるとまだマシなほうですよ」(黒門市場商店街振興組合・山本善規理事長)

東京・銀座「GINZA SIX」

2月22日の昼下がり、銀座エリアで最大級の商業施設「GINZA SIX」を本誌記者が訪れると、土曜日にもかかわらず、客足はまばら。近くにある百貨店や高級ブランドショップも同じような状況だった

『FRIDAY』2020年3月13日号より

  • 撮影蓮尾真司(1枚目)濱﨑慎治(神奈川)加藤 慶(大阪)

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事