重岡大毅 『知らコト』ロケでダークな週刊誌編集者を爽やかに熱演

目撃!ハリコミ24〈兜町 8時30分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
サングラスを外し、メイクを直す重岡大毅。ドラマでは重要な役を演じており、役者として一皮剥けるか!?

週末の朝とあって、人通りもまばらな日本橋のビジネス街・兜町(中央区)。証券会社のビルが立ち並ぶ一角に、撮影クルーがゴッタ返していた。

その輪の中心にいたのは、コートを着込んだビジネスマン風の男。『ジャニーズWEST』の重岡大毅(27)である。ドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)の撮影のようだ。重岡は、吉高由里子演じる主人公に歪んだ愛情を抱く週刊誌の編集者・野中を熱演している。

「これまで爽(さわ)やかな役柄が多かった重岡ですが、野中はかなりダークな役。徐々に野中の闇が深くなっていく様子を巧みに演じており、本人もかなりやりがいを感じているようです」(テレビ局関係者)

重岡本人は、撮影のせいで足止めを食らっている業者の車一台一台に自ら「すみません!」というように手を合わせるなど、なかなかの好青年。早朝の撮影ということもあって時折あくびをする場面もあったが、撮影の合間は常にスタッフと談笑していた。演技力と愛されキャラで、俳優として飛躍を遂げそうだ。

本誌未掲載カット 重岡大毅 『知らコト』ロケでダークな週刊誌編集者を爽やかに熱演
本誌未掲載カット 重岡大毅 『知らコト』ロケでダークな週刊誌編集者を爽やかに熱演
本誌未掲載カット 重岡大毅 『知らコト』ロケでダークな週刊誌編集者を爽やかに熱演
本誌未掲載カット 重岡大毅 『知らコト』ロケでダークな週刊誌編集者を爽やかに熱演

『FRIDAY』2020年3月13日号より

  • 撮影近藤裕介

Photo Gallary5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事