ウォーターサーバーはいらない? 合う人の特徴7つとおすすめ機種6選

ウォーターサーバーは、私たちの暮らしに本当に必要なのでしょうか?

「なくても生活には困らないんじゃ?」と思う方も多いかもしれません。

この記事では、ウォーターサーバーが「いらない」といわれる理由や、生活に合わない人の特徴をまとめました。

ウォーターサーバーがぴったりな人の特徴やおすすめ機種もまとめていますので、ぜひ目を通してみてください!

※この記事の料金はすべて税込表記です。

ウォーターサーバーって必要なの?

ウォーターサーバーを契約したいけれど、自分に合わず後悔しないか不安…

そんな人は多いのではないでしょうか?

実際に、ウォーターサーバーを契約した後で「やっぱり合わない」と感じ、解約した人もいます。

そこでまずは、「元利用者がウォーターサーバーをやめた理由」から、ウォーターサーバーが合わない人の特徴を見てみましょう。

元利用者がウォーターサーバーをやめた理由

「元々は利用していたけど最終的にはウォーターサーバーを解約した」という方たちの理由には、一体どんなものがあるのでしょうか?

コストや生活面などで感じた、具体的な理由を詳しく解説します。

コストが合わない

ウォーターサーバーをやめた理由1.コストが合わない

ウォーターサーバーを解約する理由に、「コストが合わないと感じた」というものがあります。

ウォーターサーバーを契約するとなると、水代やサーバーをレンタルする費用、サーバーを稼働させるための電気代などがかかります。

思ったよりもコストがかかってしまい、解約に至ったというケースが多いようです。

ただし中には、コストを抑えられるウォーターサーバーも存在します。

例えば、アルピナウォーターのスタンダードサーバー(床置き)であれば、12Lの水ボトルが1,134円とリーズナブルです。

業界の水ボトルの平均価格は1,350〜2,100円ほどだといわれているため、かなりコストを抑えられます。

コスモウォーターのsmartプラスは、サーバーレンタル料や初期費用、送料がかかりません。必要なのは水代のみとシンプルです。

さらに消費電力をカットするエコモードが搭載されているため、1ヵ月あたりの電気代を500円以下に抑えられるのも特徴です。

メーカーが合わない

ウォーターサーバーをやめた理由2.メーカーが合わない

ウォーターサーバーを解約した人の中には、「メーカーのシステムが合わない」と感じる人もいます。

例えば定期的に水を注文しなくてはいけないよう「注文ノルマ」が定められていたり、水の配送方法が不便であったりなどです。

注文ノルマは、定期的に一定以上の量を注文する契約のことです

また、ウォーターサーバーの多くが「最低契約期間」というものを定めています。

これは契約の最低限の継続期間をあらかじめ指定するというものですが、その期間満了を待たずにサーバーを解約するケースも多く見られます。

最低契約期間内に解約すると、解約金が発生します。

システムが合わないために、余計な解約金がかかってしまうこともあります

一方で、注文ノルマや契約期間を設けていないメーカーもあります。

例えばアクアクララのアクアファブは、水の注文ノルマがありません。

ユーザーが必要なときに必要な量の水を注文する仕組みなので、自分のペースで続けられます。

またクリクラには、契約期間が設けられていない料金プラン(SMILEセットプランなど)があります。

どのタイミングで解約しても良いですし、解約金も発生しません。「気軽にウォーターサーバーを試すことができる!」と人気です。

サーバーが合わない

ウォーターサーバーをやめた理由3.サーバーが合わない

契約したサーバー本体が合わず、解約を選択するケースもあります。

例えば「部屋のインテリアにサーバーのデザインが合わない」「サイズが大きすぎる」といった理由が挙げられます。

水ボトルの設置場所が本体上部にあって交換が大変など、利用する上での不便さを理由に解約する人も見られました。

ウォーターサーバーを契約する前に、本体のデザインや利便性をしっかりとチェックしておく必要があります。

なるべくオシャレで交換が楽なものが良いなら、プレミアムウォーターの「cado×PREMIUM」がおすすめです。

スマートでモダンな設計ですし、カラーもホワイト・ブラック・ボルドーの3色から選べるので、どんな部屋にも馴染みます。

プレミアムウォーター cado×PREMIUM

引用元:プレミアムウォーター

またボトルが下置きなので、楽に無理なく水を取り替えられますよ。

なるべく省スペースで使えるサーバーを探しているなら、ウォータースタンドのナノシリーズガーディアンをチェックしてみてください。

こちらは卓上タイプのサーバーで、水を貯めるタンクがないため非常にコンパクトです。

置き場所が少ないキッチンや小さいテーブルの上でもサーバーを置けるのが特徴です。

生活に合わない

ウォーターサーバーをやめた理由4.生活に合わない

ウォーターサーバーを契約したものの、生活スタイルに合わず解約したという声もありました。

例えば「外出が多く水を使い切れなかった」「粉ミルク用にサーバーを契約したけれど、赤ちゃんが成長して使わなくなった」などです。

元々のライフスタイルや暮らしの変化によって、ウォーターサーバーが合わなくなることもあります。

自分の暮らしにウォーターサーバーが合うのか、長期的に使い続けられるのかを見極める必要があるといえますね。

「ウォーターサーバー使うかどうか迷う」よくある理由

ウォーターサーバーを試してみたいけれど、デメリットだと感じる部分や心配事が多く、なかなか一歩が踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

そんな風に、ウォーターサーバーの使用を迷ってしまう理由をまとめてみました。

浄水器・ペットボトルで十分なのでは?

浄水器・ペットボトルで十分なのでは?

「ウォーターサーバーを買わなくても、浄水器やペットボトルの水で十分ではないか」と迷っていませんか?

確かに浄水器やペットボトルでも、おいしい水を飲むことは可能です。

しかし実際にウォーターサーバーを使用すると、浄水器やペットボトルには思わぬ「負」があることに気が付きます。

例えば浄水ポットに冷蔵庫の中のスペースが取られていたり、ペットボトルのゴミが大量に出ていたりなどです。

実際に同じ量のお水を飲んだ場合のペットボトルとウォーターサーバーのゴミを比較してみたら、このようになっていました。

12Lの水を飲んだときのゴミ(500mlペットボトルとウォーターサーバー)

同じ量の水を飲んだときのゴミ(500mlペットボトルとウォーターサーバーの場合)

ゴミだけでなく、時間と手間の節約にも。ウォーターサーバーを使えば、水を沸かしたり冷やしたりする時間も手間も不要になります。

ウォーターサーバーを使えば、冷蔵庫のスペースが空く

ウォーターサーバーを使えば、冷蔵庫のスペースが空く

浄水器やペットボトルで十分だと感じていても、実はウォーターサーバーにしかない利点も多数存在していますよ。

実際にウォーターサーバーを使い始めると、暮らしに欠かせなくなる人も大勢います。

水の安全性が心配・・・

ウォーターサーバーは水の安全性が心配?

ウォーターサーバーを使用するにあたって、水の安全性が気になる人も多いでしょう。

ウォーターサーバーを契約した場合、ほとんどがミネラルウォーターを使用することになります。

水道水とミネラルウォーターを比較すると、水道水の方が検査項目が多いため「ミネラルウォーターは危ない」といわれることもあります。

しかしミネラルウォーター、特に天然水の場合は、水そのものではなく取水地の選定に厳しい基準が設けられているのです。

天然水は取水地の制限が厳しい

そのため危険とは言い難く、限られた環境で採水された貴重でピュアなお水が飲めるのです。

ヤケド・転倒などの事故が心配・・・

ヤケド・転倒などの事故が心配

ほとんどのウォーターサーバーは、冷水機能の他に温水機能があります。

そのため小さな子供が温水を出してしまい、ヤケドをするのではないかと心配している人もいるでしょう。

しかし、ほとんどのウォーターサーバーには、温水のチャイルドロックが完備されています。

またメーカーや機種によっては、二重でチャイルドロックがかけられるものもあります。

小さなお子様がいて万一の事故が心配な方は、厳重にロックがかけられるものを選べば安心です。

また地震やぶつかった衝撃などで、ウォーターサーバーの転倒事故が起こる可能性も考えられます。

こういった事故には、テレビなどの家具に使える転倒防止ジェルや、付属の転倒防止ワイヤーを使用して対応が可能です。

なんだかうさんくさい?

ウォーターサーバーはうさんくさい?

ショッピングモールや駅前の通りなどで、ウォーターサーバーの営業がされていることがあります。

実際に強引な営業をされて、「なんだかうさんくさい」「怪しい」と感じてしまった人もいるのではないでしょうか。

こういった対面での営業の場合、じっくりとプランをチェックできないまま契約してしまうケースが多いのです。

ウォーターサーバーの利用を考えているなら、冷静にメーカーや商品を比べられるWEB公式サイトを利用すれば、冷静に比較でき、安心です。

ウォーターサーバーがいらない人の3つの特徴

ウォーターサーバーには様々なメリットや利点がありますが、中にはウォーターサーバーが合わない人もいます。

以下にウォーターサーバーの便利さが感じられにくい人の特徴をまとめましたので、利用を迷っている方は目を通してみてくださいね。

ウォーターサーバーがいらない人の3つの特徴

特徴1.ペットボトルの購入・ゴミ捨てが苦ではない

ウォーターサーバーがいらない人の特徴1.ペットボトルの購入・ゴミ捨てが苦ではない

ウォーターサーバーがいらない人の特徴に、ペットボトルを購入したり、ゴミを捨てたりするのを苦に感じていないことが挙げられます。

ウォーターサーバーは、大量の水を家まで宅配してもらえるのが強みです。

またペットボトルに比べるとゴミの量が少なく、ゴミ捨てにかかる手間も省けるのも特徴です。

そのため、「コンビニやスーパーなどが近くにあって重たい水を運搬できる」「ペットボトルのゴミをいつでも捨てられる」という人は、あまりメリットを感じにくいでしょう。

特徴2.水道水を飲むのに抵抗がない

ウォーターサーバーがいらない人の特徴2.水道水を飲むのに抵抗がない

水道水を飲むのに抵抗がない場合、ウォーターサーバーにメリットを感じにくい可能性があります。

水道水の原水によっては、カルキ臭さがなく水がおいしい地域もあります。

こういった地域に住んでいる人は、ウォーターサーバーを契約しても水のおいしさが分かりづらいことが多いのです。

特徴3.水を飲むのにお金をかけたくない

ウォーターサーバーがいらない人の特徴3.水を飲むのにお金をかけたくない

ウォーターサーバーがいらない人の特徴として「水にあまりコストを割きたくない」というものが挙げられます。

宅配型のウォーターサーバーでは、水代の他にサーバー本体のサーバーレンタル料、電気代などがかかるのが特徴です。

水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーでも、定額3,000円ほどはコストがかかってしまいます。

水道水を飲むよりはどうしても高くなってしまうため、お金をかけたくない人にとっては利便性が低いと考えられます。

ウォーターサーバーが合う人の7つの特徴

ウォーターサーバーが合わない人もいますが、一方で、「ウォーターサーバーがぴったりだ!」と感じる方も多いです。

そこでこの段落では、ウォーターサーバーが合う人の特徴を詳しく解説します。

以下の特徴に当てはまると感じたら、ぜひウォーターサーバーの使用を検討してみてください。

ウォーターサーバーが合う人の7つの特徴(うち3つ)

ウォーターサーバーが合う人の7つの特徴(うち4つ)

お湯を頻繁に使う

ウォーターサーバーが合う人の特徴1.お湯を頻繁に使う

赤ちゃん用のミルクを作ったり、白湯やお茶などをよく飲んだりする人には、ウォーターサーバーはとっても便利に使えます。

わざわざお湯を沸かしたり、水が沸騰するまで待ったりする手間が省け、毎日のもどかしい数分が無くなります。

お湯をすぐに使いたい

ウォーターサーバーが合う人の特徴2.お湯をすぐに使いたい

すぐお湯を使いたいと感じている人も、ウォーターサーバーを使うと便利です。

ほとんどのウォーターサーバーは温水機能が付いているため、水を沸かさなくてもすぐに80〜90度ほどのお湯を出せます。

赤ちゃんのミルクを作るときや料理で熱湯が必要なときなど、「今すぐお湯が欲しい!」というシーンは意外と多いものです。

好きな量のお湯を出せるので、1杯だけ熱いお茶やコーヒーを淹れたいときにもうってつけです。

おいしい水を飲みたい

ウォーターサーバーが合う人の特徴3.おいしい水を飲みたい

水にこだわりたい、おいしい水が飲みたいという人は、ウォーターサーバーの使用が向いています。

宅配型のウォーターサーバーであれば、ミネラルバランスが調節された水や天然水が自宅に届きます。

産地や品質にこだわった、おいしい水が手軽に飲めるようになりますよ。

ウォーターサーバーの水がおいしくて、水道水で麦茶を作るのをやめて水をそのまま飲むようになった、という人もいるほどです。

冷たい水が好き

ウォーターサーバーが合う人の特徴4.冷たい水が好き

ウォーターサーバーが合う人の特徴として、冷たい水が好きというものがあります。

ペットボトルを購入している場合、冷たい水を飲もうとすると「商品を買う」→「冷やす」→「捨てる」のステップが必要です。

しかしウォーターサーバーならば、初回の水ボトル設置時には20分ほど待つものの、それ以降はいつでも冷たい水が飲めるようになります。

商品を買ったり冷やしたりする手間がなくなるので、便利に感じる方は多いはず。

ペットボトルを入れるスペースが空くため、冷蔵庫が広々と使えるようになるのも喜ばれるポイントです。

水を買う手間を減らしたい

ウォーターサーバーが合う人の特徴5.水を買う手間を減らしたい

ウォーターサーバーを契約すれば、ペットボトルの水を購入する手間が減らせます。

定期配送または都度配送でボトルに入った水が玄関まで届くため、重たい水を購入・運搬する労力が要らなくなりますよ。

また「水がなくなりそうだから買いに行かなくちゃ」「水がなくなってしまった」などのストレスも減らせます。

一度ウォーターサーバーを使うと、その便利さに元の生活には戻れなくなるでしょう。

ペットボトルのゴミを捨てるのが面倒

ウォーターサーバーが合う人の特徴6.ペットボトルのゴミを捨てるのが面倒

ペットボトルを捨てるのが面倒だったり、PETゴミの回収が少ない地域に住んでいたりする人は、ウォーターサーバーがぴったりです!

特にペットボトルゴミの回収頻度が少ない地域だと、うっかりゴミを捨て忘れると大変なことになりますよね。

宅配ウォーターサーバーの場合、水のボトルは回収されるか使い捨てるタイプがほとんどです。

ボトルのサイズは12Lや24Lと大きく、飲み終わるまで長持ちするため、使い捨て型の場合でもかなりゴミが減らせます。

また水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーならば、水ボトルは必要ありません。

数ヵ月に1度フィルターを取り替える作業は必要ですが、ペットボトルのゴミをゼロにできるのは、非常に魅力的ではないでしょうか?

万が一の災害に備えたい

ウォーターサーバーが合う人の特徴7.万が一の災害に備えたい

ウォーターサーバーは、万が一の災害に備えて水をストックしておきたい人にもおすすめです。

ボトルタイプのウォーターサーバーを契約すれば、わざわざ水を買わなくてもローリングストック法ができます。

災害が起こった場合、大人1人あたりに必要な水の量は1日3Lだといわれています。

ウォーターサーバーの水ボトル12Lが2本ほどあれば、大人2人で4日間の備えになりますよ。

水ボトル12Lが2本ほどあれば、大人2人で4日間の備えになります

地震や台風などが多い日本だからこそ、きちんと災害への備えはしておきたいですね。

ウォーターサーバーを使って良かった! と思う人の口コミ

では、実際にウォーターサーバーを使っている人の口コミを見てみましょう。

実際に使っているユーザーは、どんなところに便利さを感じ、どんなところを不便だと感じているのでしょうか?

アンケート概要
調査方法 インターネット調査(クラウドワークス)
調査対象 アルピナウォーター・クリクラ・コスモウォーター・アクアクララ・プレミアムウォーター・フレシャスのいずれかを利用している36名
調査時期 2021年12月9日~23日

※口コミには主観的な内容が含まれ、最新・正確な内容ではないことがあります。

ウォーターサーバーの良い口コミ

20代女性・3人暮らし

毎朝コップ1杯の水を飲むことが習慣になり、健康的な暮らしを送れている感じがします。

水はもちろんお湯も簡単に出てくるため、料理に使ったり、コーヒーやお米を炊くときにも愛用しています。

心なしか水道水で作るよりもおいしい気がします。

40代女性・3人暮らし

ウォーターサーバーが省スペースを考えられているデザインなので部屋においても邪魔に感じません。いつでも好きな時に好きなだけ美味しいお水やお湯が出てくれるのは本当に便利です。子供も以前よりも水をたくさん飲んでくれるようになりました。

30代男性・4人暮らし

小さな赤ん坊がいるので夜中のミルク作りには必須とも言える状況です。

眠いうえに赤ちゃんが泣いている状況で悠長にお湯なんか沸かしていられません。

50代男性・1人暮らし

これを使用する事により毎日のコーヒー作りが楽になり毎日水を買いに行く手間がなくなったのでこれは便利ですね。満足しています。

40代男性・2人暮らし

悪い点は特にありません、サーバーの稼働音も静かで全く気になりませんし、電気代も大してかかりませんので個人的には気に入っています。

ウォーターサーバーに満足している人で特に多かった意見は
「水がおいしい」
「ご飯がおいしくなる」
「買い物がなくなって便利」
「お湯と冷水がすぐに出てラク」
などでした。

ウォーターサーバーの悪い口コミ

30代男性・1人暮らし

水はたしかに美味しいですが、やや高額だと思います。スムーズに継続しやすいコスパではないとは思います。ボトル交換を本体上部で行うタイプのものがあり、これの交換時には手首や腰に負担となってつらいです。

30代女性・4人暮らし

空ボトルの回収があるので潰せないため、場所を取るので1度にあまり多く注文できない事です。もう1点は発送が午前か午後と大雑把にしか指定出来ないので、マンションなど住まいの環境によっては自宅前に置くことが難しい場合は在宅してないといけなくなります。

30代女性・6人暮らし

特に困っていることは有りませんが、しいて言うならデザイン性があまりなく生活感がでるのが少し嫌なので、もう少しおしゃれな物があるといいなと思います。

ウォーターサーバーの不満点としては
「ボトル交換が大変」
「サーバーやボトルが場所を取る」
「デザインが気になる」

などでした。

ボトル交換が気になる方は、ボトル下置きタイプや浄水型サーバーを選ぶのがおすすめです。

スリムでオシャレな機種を選べば、スペースが限られている家でもウォーターサーバーを使うことができますよ。

では、次はそれぞれの生活スタイルに合うウォーターサーバーを解説します。

1人暮らしから家族まで! おすすめのウォーターサーバー6選

1人暮らしから家族まで!おすすめのウォーターサーバー6選

ウォーターサーバーを使用するなら、あなたのライフスタイルに合ったメーカー・機種を選ぶことが重要です。

そこで以下に、ライフスタイル別におすすめのウォーターサーバーをまとめました。

1人暮らしや赤ちゃんがいる家庭、大人数など、暮らしに合わせた商品を紹介しているので、参考にしてください。

おすすめのウォーターサーバー一覧表

▼ 下の表は、横にスクロールします。

メーカー プレミアムウォーター ハミングウォーター フレシャス コスモウォーター ワンウェイウォーター ウォータースタンド
画像

プレミアムウォーター amadana スタンダードサーバー

ハミングウォーター フローズ

フレシャス dewo

コスモウォーター smartプラス

ワンウェイウォーター smart

ウォータースタンド ナノシリーズ ガーディアン

機種 amadana スタンダードサーバー フローズ dewo smartプラス smart ナノシリーズ ガーディアン
水の種類 天然水 浄水 天然水 天然水 RO水・天然水 浄水
月額料金(24L換算)※1 3,974円※2 3,300円+水道代※3 4,654円※4 4,104円 4,104円※5 4,400円+水道代※6
こんな人におすすめ 1人暮らしの方 1人暮らしの方 2人暮らしの方 赤ちゃんがいるご家庭の方 大人数でお住まいの方 大人数でお住まいの方

※1 すべてのプランにおいて別途、電気代が発生します。水道代の目安は12L使用時で約3円です。
※2 ずっとPREMIUMプランの場合。初回事務手数料として3,300円必要です。
※3 初回出荷手数料として2,200円必要です。
※4 FRECIOUS朝霧高原の場合。実際には14.4L単位となり、実際の料金とは異なります。前月2箱(28.8L)未満の利用の場合、サーバーレンタル料として550円発生します。
※5 月額料金は月24L利用時の換算料金であり、実際には月36Lの注文ノルマがあります。
※6 初回設置費として9,900円必要です。

1人暮らしにおすすめのウォーターサーバー

1人暮らしの方には、プレミアムウォーターの「amadanaスタンダード」がおすすめです。

奥行きと幅がA4用紙ほどと、非常にスリムなサイズ感が特徴です。

狭いスペースにも設置できるので置き場所を選びませんし、デザインもモダンでおしゃれで人気の機種ですよ。

プレミアムウォーター amanada スタンダード

プレミアムウォーター amanada スタンダードサーバー

プレミアムウォーター amanada スタンダードサーバー 商品画像

引用元:プレミアムウォーター

水の種類 天然水
月額料金
(24L)
3,974円

※ずっとPREMIUMプランの場合。別途電気代が発生します。初回事務手数料として3,300円必要です。

水のボトルは使い捨てタイプなので、使用済みボトルをすぐに捨てられて場所を取らないのも嬉しいポイントです。

さらに専用のアプリを使えば、水の注文量を細かく調節できますよ。

1人暮らしに嬉しいメリットが詰まったウォーターサーバーです。

またハミングウォーターも、1人暮らし向きのウォーターサーバーとして人気です。

こちらは水道水を浄水するタイプなので、水ボトルを交換する手間がかかりません。

また料金が定額で決まっているので、使った分の水道代以外はかからないところも魅力のひとつです。

ハミングウォーター フローズ

ハミングウォーター フローズ

ハミングウォーター フローズ 商品画像

引用元:ハミングウォーター

水の種類 浄水
月額料金
(定額)
3,300円

※別途電気代として、月約475円が発生します。初回出荷手数料として2,200円必要です。

2人暮らしでおすすめのウォーターサーバー

2人暮らしにぴったりのウォーターサーバーは、フレシャスのdewo(デュオ)です。

グッドデザイン賞も受賞したスタイリッシュなデザインで、インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

他メーカーの商品と比較して省エネ機能が優れており、電気代が抑えられるのも魅力ですよ。

またフレシャスdewoでは、一般的なガロンボトルではなく水パックを採用しています。

パックに入っている水量は7.2Lなので軽く、女性でも無理なく水の交換が可能です。

さらに使用済みのパックは小さく畳んで捨てられるので、ゴミがかさばらず快適なのもポイントです。

フレシャス dewo(デュオ)

フレシャス dewo(デュオ)

フレシャス dewo(デュオ) 商品画像

水の種類 天然水
月額料金
24L換算
4,654円

※FRECIOUS朝霧高原を使用した場合。実際には14.4L単位となり、実際の料金とは異なります。別途電気代として月約330円、前月2箱(28.8L)未満の利用の場合、サーバーレンタル料として550円発生します。

赤ちゃん向けにおすすめのウォーターサーバー

赤ちゃんがいるご家庭は、コスモウォーターのsmartプラスを検討してみてください。

こちらには、ウォーターサーバーのタンクに入る空気を限りなく無菌にするシステムが採用されているため、雑菌の繁殖を予防できます。

またsmartプラスには、1日1回サーバーの経路に熱水を循環させるシステムも搭載されています。

ウォーターサーバー内を常に清潔な状態にして、水の品質を保つことができますよ。

赤ちゃんや小さいお子様にも安心して水を飲ませられると人気です。

さらにsmartプラスは、赤ちゃんやお子様が触ってもお湯が出ないよう、完全ロック状態にすることも可能。

冷水側にもチャイルドロック機能が搭載されているので、お子様がレバーを触ってしまっても床が水浸しになる心配はありません。

コスモウォーター smartプラス

コスモウォーター smartプラス

コスモウォーター smartプラス 商品画像

引用元:コスモウォーター

水の種類 天然水
月額料金
(24L)
4,104円

※別途電気代として月約474円が発生します(エコモード利用時)。ウッド・ライトウッドの場合、限定カラー料として2,200円必要です。

大人数におすすめのウォーターサーバー

大人数でお住まいの方には、ワンウェイウォーターのsmartがおすすめです。

配送周期を7・10・15・20日・1ヵ月の中から選べるので、水の消費スピードが早くても安心です。(※1ヵ月は天然水のみで、プラスプレミアムは含まれません)

また、特にプラスプレミアムのRO水はリーズナブルな価格に設定されているため、たくさん水を使うご家庭に向いていますよ。

ワンウェイウォーター smart(プラスプレミアム)

ワンウェイウォーター smart

ワンウェイウォーター smart 商品画像

引用元:ワンウェイウォーター

水の種類 RO水・天然水
月額料金
36L
4,050円

※RO水の場合。別途電気代が発生します。月36L以上の注文ノルマがあり、定期配送を一時中断したい場合には別途フリーダイヤルへの連絡が必要です。

また、ウォータースタンドのガーディアンも、大人数向けのウォーターサーバーです。

こちらは水道直結型のウォーターサーバーなので、宅配水を購入・設置せずに使いたいだけ水が使用できます。

水道直結型のウォーターサーバーは手動給水が不要

冷水・温水をためておくタンクがないため、電気代を抑えられるのも嬉しいポイントです。

ウォータースタンド ガーディアン

ウォータースタンド ナノシリーズガーディアン

ウォータースタンド ナノシリーズガーディアン 商品画像

引用元:ウォータースタンド

水の種類 浄水
月額料金(24L) 4,400円

※別途電気代と水道代が発生します。初回設置費として9,900円必要です。

まとめ:「ウォーターサーバーが必要か」かしこく見極めよう

どうしてもウォーターサーバーを使うか決められないのなら、クリクラの無料お試しプランを利用してみる手もありますよ。

30代女性・4人暮らし

最初は、無料期間のためお金かからずウォーターサーバーの機械とウォーターサーバーの水12Lが無料で使えました。

そんなに使う機会がないと思っていたので、この無料期間が過ぎたら返却をしようと思っていました。
ところが実際に使用してみると想像以上に水がおいしく、お湯もすぐ出てホットコーヒーが1秒もかからず飲めるのでとても重宝しました。

クリクラの無料お試しプランでは、1週間無料で「クリクラサーバーL」を使用することができます。

クリクラ クリクラサーバーL

引用元:クリクラ

ウォーターサーバーを使い始めると、今までの暮らしで見過ごしていた手間やデメリットが見えてくることも多くあります。

「生活にウォーターサーバーが必要かどうか」をかしこく見極め、便利な生活を手に入れましょう。

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。
最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。


PAGE TOP

ページのトップへ