黒川弘務・前検事長 賭け麻雀辞職1ヵ月目の「超カジュアル散歩」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
表札が外された都内の自宅から、散歩に出かけた黒川弘務氏。紺のハーフパンツ姿で、ひと月前より若く見えた

メガネを外して、ピンクのシャツにハーフパンツ姿だからだろう。すれ違う人は誰も気が付かない。

前東京高検検事長・黒川弘務氏(63)は、6月中旬の週末、犬の散歩を楽しんでいた。

コロナ禍の中で新聞記者と「賭け麻雀」という、呆(あき)れるほかない“違法行為”で辞職してから、ちょうど1ヵ月。その表情は吹っ切れたかのように見える。だが、検察の信用を失墜させた責任を本人はどう感じているのだろうか?

本誌は黒川氏に声をかけた。

――辞職された今のお気持ちを聞かせてもらえませんか?

「…………」

その後、こちらが何を質問しても、黒川氏は口を真一文字に結んだまま。結局、急ぎ足で帰宅した。

黒川氏を知る法曹関係者が語る。

「定年延長が閣議決定される前は、黒川さんは退職後、国内屈指の大手法律事務所に所属する予定だと聞いていました。その事務所に入るかどうか不明ですが、ほとぼりが冷めた後、弁護士登録をするつもりでしょう。人当たりが良く、人脈も豊富なので、社外取締役や監査役、顧問に迎える企業はいくつかあると思います」

麻雀は控えているだろうが、5900万円の退職金を受け取り、もう一つの趣味である愛犬との散歩を満喫する日々。優雅といえば優雅だ。

検事長時代はピシッと撫でつけられていた髪の毛が、この日はボサボサ

『FRIDAY』2020年7月10日号より

  • 撮影田中俊勝

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事