「全国区芸人」博多華丸・大吉は“カネと女”がアキレス腱

連載 スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」Inside story of Television

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

華丸(左)は’06年の「R-1ぐらんぷり」で優勝。’14年には大吉(右)と「THE MANZAI」でグランプリに輝くなど、ピンにコンビにとマルチに活躍中だ

10月からスタートする『突撃!しあわせ買取隊』(テレビ東京系)で、お笑い芸人の『博多華丸・大吉』が、関東のゴールデン帯番組初となるレギュラーMCを務めることが発表された。華丸・大吉は今春、『あさイチ』(NHK)の2代目キャスターに抜擢されており、全国区のタレントとして定着しつつある。

「まだ無名だった福岡時代、仕事がなかった大吉は、相方の華丸が出演する番組でディレクターの助手をしていた時期がありました。裏方として働いていた経験があるから、大吉はスタッフが何を求めているかを瞬時に察してくれる。使いやすいと評判です」(キー局ディレクター)

東京進出とともに収入も大幅アップ。華丸の知人によれば、華丸は最近、都内の高級住宅街に家を購入したという。

「上京後、ずっと横浜に住んでいましたが、アイドルグループ『さくら学院』のメンバーとして活動していた次女が海外留学するタイミングで、目黒区内に家を建てたそうですよ。あのエリアで一軒家なら、数億円は下らない」

しかし、バラエティ番組スタッフからは心配の声が上がっている。

「華丸はカネ使いが荒い。ブレイク前にギャンブルと飲み代で多額の借金を作り、ブラックリストに載ったことがあるんです。結婚後はお小遣い制になったんですが、後輩芸人たちから『兄貴』と慕われる華丸は、若手と飲めばバーンとオゴってしまう。ボートレースにつぎ込んで、1日で小遣いを使い切ったこともあるそうです。あの性格で、高額な住宅ローンを返済できるのかな……」

一方、大吉は草食系の穏やかなキャラがウケて『2018上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』で、4位に入った。だが、素の大吉は華丸とは対照的にクールなのだという。

「基本的には物腰は柔らかい。ですが、相手が無名の後輩だと、挨拶を無視したりするんです。何度かそんなシーンを目撃しました。良い人のイメージが強かっただけに『相手によって態度を変えるのか!?』と驚きました」(ディレクター)

それでいて、「酒を飲むと面倒臭くなる」と、このディレクターは言うのである。

「酔うと説教するクセがあるんですよ。『お前、それが本当に面白いと思っているの?』などと、延々とダメ出しをする。苦労人ゆえの、愛ある指導なのでしょうが、あまりいい評判は聞きませんね」

バラエティ番組で「性欲あるよ。しかも強いよ」と笑わせたこともあったが、「実際、大吉は女好きです」と告白するのはスポーツ紙芸能担当記者だ。

「福岡時代、大吉が事務所に無断で米留学を決め、大トラブルに発展。1年の謹慎を命じられたことがあったのですが、『局の女子アナに手を出して幹部の怒りを買い、罰として留学を命じられたらしい』というウワサでもちきりでした。それぐらい女好きで有名。東京でも女性タレントを口説いてトラブルになりかけたことがあるとか」

好感度の高さでウケている二人だけに、スキャンダルは致命傷となるが――。

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事