土屋太鳳はスポンサー頼みで好評 夏ドラマの「差し入れ」事情

連載 スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」Inside story of Television

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

『爽健美茶』関連商品の会見で。「日本女子体育大学生の土屋にとってチアダンサーは当たり役。一生懸命なのでスタッフ受けも◎」(現場スタッフ)

ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)で主演を務める土屋太鳳(たお)(23)の差し入れが話題になっている。猛暑での撮影が続くなか、かき氷や、自身がCM出演する『雪見だいふく』や『爽健美茶』を大量に現場に届けているというのだ。


「テレビ局の不況により、最近は局からの飲食代が削られている。そのため、メインキャスト自らが差し入れをするケースが増えています。太鳳ちゃんのようにCM出演するスポンサーにお願いして、商品を提供してもらうのは最近のトレンドですね」(ドラマ制作スタッフ)

ただ、野外ロケが多い夏ドラマは、モノによっては迷惑になる差し入れもある。

「冷蔵のものはロケバスの中で保存しなくてはいけないし、駐車場が遠いと持ち運びも大変。おはぎなどのナマ物は消費期限が短いし、小包装されていないと持ち帰りもできない。現場スタッフに嫌がられる差し入れの代表ですね。この季節だと、食中毒も怖い」(番組AD)

では、どんな差し入れが喜ばれるかといえば、ドリンクや保存がきくフリーズドライ系食品なのだという。

「最近はロケ弁だけという現場も多いため、フリーズドライのスープや味噌汁がありがたい(笑)。年々、制作費が削られ、一人当たりの仕事量が増えているので、エナジードリンクの差し入れも好評ですね」(前出・AD)

猛暑で在宅率が上がった影響で、今年の夏ドラマは視聴率2ケタをキープする好調な作品が多い。それでも、制作費はどこも厳しいようだ。

「これまで、ドラマが高視聴率だと局側から数千円する『叙々苑』の焼き肉弁当が差し入れされることもありましたが、ここ数年はキャストからの差し入れ以外、見た記憶がないですね。いま、局側が差し入れをすると言えば、ネットTVですね。AbemaTVは視聴者数が多いと『叙々苑』弁当を差し入れするんだそうです」(芸能マネージャー)

視聴率が悪いと悲惨だ。前出制作スタッフは「ひとつの弁当を巡って奪い合いが起こるケースもある」と言う。


「昔は給料の安い番組ADが余った弁当を持って帰って夕食にしていましたが、視聴率が悪く予算の少ない現場は、撮影前日に演者やスタッフの人数確認をして、余りが出ないよう注文する。なので、事務所や局のお偉いさんがフラっと現れ、弁当を出さなきゃいけなくなった場合、スタッフの誰かが弁当抜きになるのです。最近では出演オファーをする段階で主演の方に弁当の差し入れをお願いするケースもあるんだとか」(前出・制作スタッフ)

そんな悲劇を避けるため、スタジオ収録の際は出張ケータリングサービスを呼ぶ機会が増えているのだとか。

「温かい料理を食べられるうえ、量も調整できる。弁当が足りない……と不満が出ることもないので好評です。湾岸スタジオで収録するバラエティーや一部ドラマでは、ケータリングを呼ぶのが定番になっている」(フジテレビ関係者)

差し入れを巡り起こる人間ドラマ。舞台裏のほうが面白いかも!?

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事