日本の郊外にあるアメリカ…!コストコにこれだけ惹かれる理由 | FRIDAYデジタル

日本の郊外にあるアメリカ…!コストコにこれだけ惹かれる理由

アメリカ発、会員制大型スーパーマーケットの何にこんなに惹かれるのだろう…

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

夏本番も近いというのに、今年は旅の計画もままならない。せめて、気分だけでも海外旅行に…! というトモダチの要望に応え、コストコに行ってきた。

海外のスーパーみたいに見えるけど、ここは埼玉。郊外の広大な敷地に広大な店舗。店内はもう外国! 生活必需品の買い物もここならちょっと旅気分かも

えー買い物に付き合うのか…でも遠出は禁止だし、ルーティーン気味の正しい日本の食生活にも飽きたし。はい、おともします。

なんと私のコストコ初体験は、四半世紀前の米国・アラスカ店なのだ。ちょっとバブル景気のなか、オーロラを観にいったアラスカで、昼間の時間つぶしのつもりで入店した。

完全に倉庫な店内は、棚がきちんと並んだ日本のスーパーとは違って、突然巨大冷蔵庫がドーン! なぜか便器がドーン! 浴槽もドーン! と出迎えてくれる異空間。

スカスカの棚の片隅には、束になったmeedのノートとか、ディズニー絵本とかなんでもありだった。

あまりの異空間に動揺してしまった。そしてなぜか手にしたのはガムボールマシン。無性に欲しくなったのだ。なんで?だってなんか家にあったら楽しそうと思って。

そんな「アメリカそのもの」だったコストコも、日本上陸20年を超え、すっかり日本文化に溶け込んで…とはいかないのがしぶとい。まったくもって異空間のまま、埼玉とか茨城とか、郊外にどんどん出店している。

埼玉県・入間倉庫店に行ってみた

とか原体験を語っても、ふーんとしか反応がない。連れはスマホで情報収集。コストコマニアさんたちの口コミが充実してるらしい。

「あのコストコ!」と、期待度120%で行った私は、結論から言うとやはり感動。浴槽はなかったけど、大好きなHardwareが出迎えてくれた。イベント会場にある冷風機、コレ欲しい。ガレージ遊びが楽しくなりそうなんですけど、ダメ? と振り返ってもアナタはいない。ずっと先の食品売り場から困ったやつだ。という目でこちらを睨みつけている。

でっかいカートにハンドルとられながらも通路の奥、食品売り場へ連れの後を追う。すれ違う客のカートを覗くと現場の雰囲気が伝わってくる。よし買うぞ!という気にさせられてしまう。

ぷ~んといい匂いがしてきて「お。うまそ」とアンテナが立つその先には試食コーナー。へえ。。韓国風水餃子なのにイタリアンでもいけるの? ホント?

味見して初めてこんなんありか、と気づく。食は経験しなきゃわからないから。食の幅を広げることが人間の器をデカくする。つまり流行りのDiverscityだ。

サーモンいいねー。赤海老いいねー。おープルコギ! あとは焼くだけね。助かるねえ。

なにこれ…スープになっちゃうセット? 最終工程だけはキッチンでというコンセプトなんだ。家で世界の料理ショーができそう。

チーズのセクションは素晴らしい充実ぶり。しかもお安め。こういうチーズで赤ワインいいですね。でっかいパックに入ったティラミスも、いい。うまく回せば、ひと月楽しめちゃいそうだ。

しかし。連れは冷静。冷凍、冷蔵ものは最後にピックアップしないと溶ける。あとあと!あとでね! さすが買い物のプロ。日々のことだからな。何も気にぜずカートに入れようとした自分はひよっこ。

ならば乾物、見ませんか? リモートワーカーの楽しみはPC離れて淹れる香り高き一杯のコーヒー。ここの大袋ならひと月は余裕です。スタバ、ラヴァッツア、ライオンと選び放題。おともには、疲れた脳を癒すチョコレート。やはり大袋入りで。ポテチにアボカド、蜂蜜、なぜか玉ねぎと続き、次は、ベーカリーコーナー。

コストコのバター香るクロワッサンは本当に美味いと評判。ちゃんとしたバターの香りが◎。すごく安いわけでもないが、おしゃれなベーカリーと比べたら、3個分の値段で10個買える。パンオショコラもちゃんとチョコが2本入って本格的だ。ちょっと温めてカフェオレといただく朝食。5個くらい、いっぺんに食べられますな。

コストコが「心地いい」本当の理由

でも今日はマスカルポーネ入りのディナーロールが買いたい、のだそう。「安いうまい大量」の3拍子揃ったディナーロールに、マスカルポーネが混ぜ込んであるやつ。コストコマニアのブログでチェックしたやつが、見当たらない。

どこー?ぐるぐる。パンを並べているスタッフさんに尋ねたら「ベーカリーキッチンの改装中で、今はない」と説明してくれた。

とても感じがよかったので、あれは?これは?と尋ねると、ニコニコすらすら答えてくれて売り場まで連れて行ってくれる。様々な国籍のスタッフがテキパキと、でもそれぞれのペースで動いているようでホンっと居心地いい。心地いいから買っちゃうのかも。

ラストにチェック済みの要冷蔵、冷凍食品を放り込んでカートは山盛りに。大満足。

買い物の後は、お楽しみ! アメリカ的ランチ

会計が済んだら、ご機嫌でイートインカウンターに並び、バーガー、スムージー、フリーソーダ付きホットドッグを注文。コロナのせいで店内飲食禁止だが、太陽さんさんのテラス(というものでもない。アプローチか?)で食す。

この肉肉しいバーガー。パン粉なし!アメリカ人の肉愛溢れてるぅ〜。こっちのホットドッグも美味いです。ソーセージ挟んであるから、あとはテキトーにやって。カウンターで、ピクルスやらマスタードやらを好きに投入して食べてねって。このアバウトさがアメリカです。

コーラなどのソーダ類はおかわりし放題だし。ま、セルフサービスだからケチャップカウンターはぐちゃぐちゃっとしてるけどそこがいいんだな。大事なことはケチャップ缶を空にしないこと。それ以外はノープロブレム。

ああ、この感じ。来てよかった。旅行気分というか異文化気分。コストコでプチトリップ、おすすめです!

ハードなポテチ「Hardbite」は、3つのフレーバーで小袋18パック入り。パッケージもかっこいい
ホットドッグとソーダ(ドリンクのおかわりフリー!)で、¥180。ボリュームはもう、文句なし!
大豆パティのガーデンバーガー(¥680)。ヘルシー!&たっぷりサイズ
コストコティラミス¥1380。重さおよそ1.5kg!

 

  • 取材・文茶畑 葉

Photo Gallary6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事