ひろゆき氏が相方宮迫と別れた蛍原に私見「ぶっちゃけ実力ない」 | FRIDAYデジタル

ひろゆき氏が相方宮迫と別れた蛍原に私見「ぶっちゃけ実力ない」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
解散から3日後の8月20日にYouTubeチャンネルの配信中止を発表した宮迫博之。今後の活動はどうなるのか…

「蛍原さんぶっちゃけ冠番組つくる実力ないよね」

32年のコンビ活動に幕を下ろした雨上がり決死隊。ネット上の動画で『アメトーーク!』形式で解散報告会を済ませ、芸人仲間やファンに惜しまれつつも二人は袂を分かった。

宮迫は会見後、自身のユーチューブで動画を出す予定だったが、一旦取りやめをすると発表し、その後深夜に結局蛍原に謝罪する動画を出すなど二転三転。そしてそれを最終的には、8月20日にユーチューブの配信休止を発表したのだ。

一方、宮迫と何度かコラボ動画などを出している、「ひろゆき」こと西村博之氏は、あの会見後に自身の見解をユーチューブで語った。

雨上がり決死隊の解散についてどう思うかと一般ユーザーに聞かれると

「蛍原さんちょっとメンタル病んでいると思う」

と話した。

「宮迫さんがいない状態で俺全然やれてます。雨上がり決死隊っていうグループとかって俺所属する必要全然ないというなら良いんですけど、蛍原さんほとんどしゃべってないんですよね」

「アメトーークは蛍原さんがいなくても完全に成立する」

宮迫や東野や出川などがおもしろい話をしていたが、蛍原は面白くなかったと感想を述べた。

さらに蛍原が周りから“頑固”といわれている話を取り上げた。蛍原が雨上がり決死隊で受けた仕事を全部降板すると宮迫に申し出て、宮迫や他の芸人が止めたことについて

「他の芸人が『アメトーーク』続けろといっていたのは、お前の実力だと冠番組なんかもう持てねえから、マジでやめんなとか、間違っているよっていうのは多分言えないから」

「蛍原さんに冠番組をオファーするテレビ局多分ないんですよ」

と、雨上がり決死隊がこれまで活躍してきたのは、宮迫がいたからであって、蛍原の実力ではないということを言いたいようだ。

「宮迫さんも番組で言っていましたが、蛍原さんは意外にボケて場を盛り上げることが多い。特に宮迫さんがいなくなってから変わった気がします。あの日のアメトーークは解散報告会だったので、確かに饒舌ではなかったがそれは仕方ないでしょう。

その場で笑いを取ると言うより、宮迫さんに対しての怒りや失望の感情が全面に出ていた。あの報告会のあと、ユーチューブの“ホトゴルフ”の動画では、蛍原さんは今後一人で心機一転頑張ると笑顔で話しています。一方、宮迫さんは活動休止を発表した。どちらかというとメンタルにダメージを受けたのは宮迫さんの方では…」(テレビ局関係者)

さらにひろゆきは

「宮迫さんがやった悪いことは何ですかって言ったときにちゃんと説明できる人はいない」

と言い、宮迫が世間から悪者扱いを受けていることに対する違和感を口にした。

炎上騒動のメンタリストDaiGoに続き、親交のある宮迫についても独自の見解を展開したひろゆき氏。友人からすると頼もしい存在だろうが、果たして宮迫への風向きを変えることは出来るのだろうか…。

  • PHOTO坂口 靖子

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事