動物園広報も驚嘆…!1日で撮影できた「パンダの全授乳シーン」 | FRIDAYデジタル

動物園広報も驚嘆…!1日で撮影できた「パンダの全授乳シーン」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
眠いお母さんパンダの良浜(左)と赤ちゃんパンダの楓浜(右)の貴重な授乳シーン(撮影:菊地弘一)

「授乳シーンはレアでなかなか撮れないんですよ。持ってますね!撮りに来られても、思ったような絵が撮れずに帰られる(報道の)方もいらっしゃいますから」

撮影取材時にこう声をかけてくれたのは、和歌山県白浜町のテーマパーク、アドベンチャーワールドの広報課、松本実夏さんだ。

今年5月『アドベンチャーワールドが史上初めて日本人スタッフだけで挑んだパンダの出産』の企画取材で同園を訪れた。この日は、昨年11月22日に誕生したジャイアントパンダの楓浜(ふうひん)の授乳シーンのほか、親子で戯れる姿や、母親の良浜(らうひん)の真似をして竹を噛む楓浜、さらに父親の永明(えいめい)の豪快な食事シーンや勇猛に歩く姿をカメラに収めることができた。

ただ、当時は授乳シーンの撮影自体が簡単ではなかったことを、あとで知ることになった。松本さんと同じ広報課の長谷川穂波さんはこう明かす。

「この時期は、私達でも授乳シーンに出会うことはあまりありませんでした。撮影に来ていただいた生後6ヶ月目は、授乳時間が昼間だったり夜間だったりと不安定でした。いまは親子別々に夜間を過ごし、朝に出会って授乳するといったルーティンになっていますので、開園前に撮影できる広報スタッフや取材の方であれば、授乳シーンの撮影はできると思います」

同園はSNSで動物たちの日常を配信しているが、とりわけ楓浜を主役にした毎日投稿は大人気である。

動物撮影はプロ用機材を用いて、広報課の数名が日替わりで担当している。撮影時間は30分から数時間に及び、何百枚もの写真の中から厳選される。さらに報道や番組素材用のほか、ポスターなどの撮影も手掛けている。それら写真や動画のクリエイティビティはプロ顔負けである。

「楓浜お名前発表」で公表された話題の写真。コンセプトは『命のつながり。第一歩』。歩き始めたばかりの楓浜が飽きないように、短時間でシャッターチャンスを狙った長谷川さんお気に入りの1枚だ。(写真提供:アドベンチャーワールド、撮影:長谷川穂波さん)
楓浜の父、永明の歩き姿。娘の楓浜と歩き姿はそっくりだ(撮影:菊地弘一)

各方面向けに公表された『楓浜のお名前発表』の写真は、「カワイイ!」と話題になった。撮影した長谷川さんはパンダを撮影するコツをこう語る。

「瞳の中に光を入れると、生き生きとした写りになります。小さいときは耳がねて白いまるになってしまいますので、耳が見える角度を狙います。大人のパンダは葉っぱをまとめきり、手で握ったところからシャッターを切り始めると、顔の横で手を握った可愛い絵になります。動物撮影はレンズ交換をしている間に、シャッターチャンスを逃すことがありますので高倍率ズームが便利です」

動物園のスタッフが撮影しSNSで配信される動物たちの日常は、コロナ禍で現地に行くことができないなかでも、身近に感じられグッと親しみやすい。

楓浜も2ヶ月後の11月には1歳を迎える。まだまだ甘えん坊な赤ちゃんパンダの楓浜と、愛情をたっぷり注ぐお母さんパンダの良浜。仲良くじゃれあう親子の姿から目が離せない。

◆アドベンチャーワールド公式SNSサイト

ウェブサイト: https://www.aws-s.com/
ツイッター:https://twitter.com/aws_official
フェイスブック:https://www.facebook.com/adventureworld.official/
インスタグラム:https://www.instagram.com/adventureworld_official/     Tik Tok:https://www.tiktok.com/@adventureworldofficial

コクコク

「コクコク」と力強くミルクを飲む赤ちゃんパンダの楓浜。その姿を優しく見守るお母さんパンダの良浜(撮影:菊地弘一)

ゴクゴク

無我夢中にミルクを飲んでいるようにみえるが…段々とまどろんでいる赤ちゃんパンダの楓浜(撮影:菊地弘一)

プハー!!

「ゴクゴク」いい飲みっぷりのあとは「プハー!!」と、満足気な赤ちゃんパンダの楓浜。お口の周りはミルクでいっぱいだ(撮影:菊地弘一)

ヨシヨシ

お母さんパンダの良浜は優しく支えるように楓浜を抱きかかえる(撮影:菊地弘一)
マネマネ
目をつむり美味しそうに竹を味わうお母さんパンダの良浜を、真剣なまなざしで真似る赤ちゃんパンダの楓浜(撮影:菊地弘一)

ハミハミ

赤ちゃんパンダの楓浜が竹をハミハミしていると…カメラに気付いたようです。くりっとつぶらな瞳でレンズをロックオン!カメラに目線を送ってくれた(撮影:菊地弘一)
オットット?
転びそう…ではなく、足腰が強くなってきた赤ちゃんパンダの楓浜。お母さんパンダの良浜にあやされても抵抗!それでもお母さんは愛情いっぱい赤ちゃんをあやします(撮影:菊地弘一)

ヨカッタ、ヨカッタ

「遊んでアピール」をしながらおてんばに動き回る赤ちゃんパンダの楓浜(左)と、溺愛スイッチがオンになったお母さんパンダの良浜(撮影:菊地弘一)

「またねー」

体が柔らかい赤ちゃんパンダの楓浜。まるで体操選手のようだ(撮影:菊地弘一)
  • 撮影菊地弘一写真提供アドベンチャーワールド(撮影:長谷川穂波さん)

Photo Gallery12

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事