東京2020パラリンピック「歓喜と熱狂の13日間」 | FRIDAYデジタル

東京2020パラリンピック「歓喜と熱狂の13日間」

感動をありがとう! 過去最多254人の代表選手が戦い、51個のメダルを獲得!「感涙の名場面」をプレイバック!!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

【水泳】鈴木孝幸 (34)
パラレコード更新の熱泳で日本の金メダル第1号!

男子100m 自由形 金メダル
男子200m 自由形 銀メダル
男子50m 自由形 銀メダル
男子150m 個人メドレー 銅メダル
男子50m 平泳ぎ 銅メダル

アテネから5大会連続で出場する水泳日本代表のキャプテン。パラリンピックレコードで金メダルに輝いた100m自由形をはじめ、出場した全種目でメダルを獲得する快挙を達成(写真:アフロ)

変化する大会の意義と選手たちの可能性

「パラリンピックに出場する選手は、みんな自分のハンディキャップを進んで衆目に晒(さら)しているわけです。だから、めっちゃポジティブな選手が多いんですよ。僕も含めて!」

そう話してくれたのは、パラリンピック4回目の出場で、初めて金メダルを獲得した水泳の木村敬一(31)だ。

パラリンピアンに取材すると、前向きな言葉を発する選手が多かったし、現実に社会に変化をもたらしている。東京2020大会の最終日、女子マラソンで金メダルを手にした道下美里(44)は、福岡市の大濠公園を練習拠点としているが、彼女が走り始めた当初、ガイドランナーと共に走る道下のことを怪訝(けげん)に思う人が多かった。

しかし、今では地元の人たちが道下を励ます言葉を送るようになった。意図したわけではないだろうが、彼女は走ることで共生社会の実現を進めたのだ。

実際にパラリンピックも変化している。これまでは福祉の文脈で語られることが多かったが、エンターテインメントとして成立する競技も出てきた。

なかでも、男子車いすバスケットボールはシーソーゲームが多く、スリル満点。リオデジャネイロ大会では9位だった日本だが、今大会はシュートの正確性、スピード、戦術とどれをとっても他国にヒケを取ることはなく、準決勝のイギリス戦、そして敗れはしたものの、決勝のアメリカ戦と中身の濃い戦いを繰り広げた。

とりわけ、SNSで『SLAM DUNK』の登場人物の一人、流川楓に似ていると評判になった背番号2の鳥海連志(ちょうかいれんし)(22)の活躍には目を瞠(みは)った。表情を変えずにビッグプレーを連発する姿はまさにクール。とくにオフェンスリバウンドを奪う技術には、毎度唸(うな)らされた。

いつの間にかゴール下でポジションを獲得し、リバウンドを奪ってしまう。その技術は腕の長い選手を揃えるアメリカ戦でも発揮されていた。リオ大会では戦力としては物足りなかった鳥海が、5年の歳月を経て世界を魅了する選手になり、3年後のパリも楽しみでならない。

パラリンピックはこれだけの関心を集めたわけだが、閉幕と共に選手たちは問題に直面している。体育館をはじめとした練習可能な施設が今後、閉鎖される可能性があるのだ。障がい者へのインフラ整備は、超高齢化社会を迎えつつある日本の資産にも繋がるはずだが……。

今回、ついに金メダルを手にした木村は言う。

「日本で街を歩いていると、余裕がないなあと感じます。みんな、急いでいるというか。あと、ヘルプする時も『周りにカッコつけてると思われるんじゃないか』と思う人も多いようです。アメリカ人なんて、『どうだ。俺、カッコいいだろ?』という感じでヘルプしてくれるんで、楽しいんですよ。いろいろな意味で余裕のある社会になって欲しいですね」

【水泳】山田美幸 (15)

女子100m 背泳ぎ 銀メダル
女子50m 背泳ぎ 銀メダル

37年ぶりにメダル獲得の日本人最年少記録を更新した15歳。取り組んできた脚力強化とスタートダッシュを武器に2種目で表彰台に。2年前に亡くなった天国の父親へ、喜びの涙を流した

【水泳】木村敬一 (31)
【水泳】富田宇宙(うちゅう) (32)

木村敬一(写真左)
男子100m バタフライ 金メダル
男子100m 平泳ぎ 銀メダル

富田宇宙(写真右)
男子100m バタフライ 銀メダル
男子400m 自由形 銀メダル
男子200m 個人メドレー 銅メダル

男子100mバタフライ決勝は日本人対決に。リオ五輪で惜しくも銀メダルとなった木村が、五輪初挑戦の富田を終始リード。抱き合って健闘を称え合う姿は大きな感動を呼んだ

【陸上】佐藤友祈(ともき) (32)

男子1500m 金メダル
男子400m 金メダル

金メダルを獲得した2つのレースでは、どちらもパラリンピックレコードを達成。前大会で両種目とも競り負けた宿敵レイモンド・マーティン(アメリカ)に、雪辱を果たした

【陸上】山本 篤 (39)

男子走り幅跳び 4位

義足選手として日本パラ陸上界で初のメダルを獲得したレジェンドは、アジア新記録を樹立するも惜しくも4位

【トライアスロン】宇田秀生 (34)

男子個人 銀メダル

結婚から5日後、就業中の大けがで右腕を失った。それでも家族の支えを力に、日本初のメダルを獲得

【陸上】道下美里 (44)

女子マラソン 金メダル

世界記録保持者の道下は30㎞すぎでスパートをかけ、独走状態へ。レース後のインタビューでは、普段から伴走者として支える12名の「チーム道下」メンバーへ感謝を口にした

【バスケットボール】男子車いすバスケットボール

銀メダル

「世界に通用するディフェンス」を掲げ、堅守速攻を武器に快進撃。鳥海(中央右)ら若手の台頭もあり、決勝では第4クオーター途中までリードするなどアメリカを追い詰めた

【ボッチャ】杉村英孝 (39)

混合個人 金メダル
混合チーム 銅メダル

投げたボールと目標物の近さを争う競技。3大会連続出場のエースが、ストレート勝ちで個人種目初の金を獲得

【ラグビー】車いすラグビー

銅メダル

唯一タックルが認められた車いす競技。準決勝でのまさかの敗戦を乗り越え、宿敵オーストラリアに快勝し3位に

【テニス】国枝慎吾 (37)

男子シングルス 金メダル

決勝、ストレートでオランダ選手を退けると感情を爆発させた。日本選手団の主将という重圧がかかるなか、プレッシャーを力に変え、シングルス通算3つ目の金メダルを獲得した

【テニス】上地結衣 (27)

女子シングルス 銀メダル
女子ダブルス 銅メダル

女子シングルス史上初の決勝に進出するも、壮絶なタイブレーク戦の末に世界ランキング1位に惜敗。涙の銀メダルとなった

【自転車競技(ロード)】杉浦佳子 (50)

女子ロードレース 金メダル
女子タイムトライアル 金メダル

日本最年長記録を更新し、2つの金に。会見では「最年少記録は二度と作れないけど、最年長記録はまた作れます」と笑顔で答えた

【バドミントン】里見紗李奈(さりな) (23)

女子シングルス 金メダル
女子ダブルス 金メダル

新競技として採用されたバドミントンで初代王者に。コートの奥に打ち返す「クリア」の精度と、最後まで衰えないスタミナが最大の武器。得意と語るダブルスでも金に輝いた

『FRIDAY』2021年10月1日号より

  • 生島淳(スポーツジャーナリスト)写真アフロ、共同通信社、時事通信社、読売新聞社

Photo Gallery14

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事